神奈川県立 生命の星・地球博物館 2011特別展
海獣さんに誘われて、神奈川県立 生命の星・地球博物館で開催されていた 「およげ!ゲンゴロウくん〜水辺に生きる虫たち〜」を見に行ってきました。

469.jpg
噂どおりもの凄いボリュームです。


470.jpg
い、生きたフチトリゲン!!

画像が悪くてすみません。こんなのを目の前にしては写真なんて三の次に・・・なりますよね?致し方ないことなのです。


471.jpg
わお!与那国のメンダー!


475.jpg
すご!沖縄島のタイワンコオイ!


472.jpg
えぇ!?杉並区にエゾヒメゲンが!?



479.jpg
スジゲンも半世紀前には都内の池に・・。今やゲンゴロウ界のニホンカワウソ的存在です。


473.jpg
王様だけあってさすがの貫禄です。

でも、意外と日本のナミゲンもこれに近いサイズ。ゲンゴロウって世界的に見てもでかいんですね。


478.jpg
内外で絶賛の展示解説書

そして今回の目的の一つ。展示解説書「水生昆虫大百科」147ページ、フルカラー(1000円←!?)。これほどのボリューム&マニアックな内容の展示解説書ははじめて見ました。この解説書で初めて生態写真がお披露目されたであろう種類もかなりあるのではないでしょうか。お土産用に多めに買ったはずなのに、ゲンゴロウ屋さんじゃないけど欲しいという方が沢山いて、嬉しくなってホイホイあげていったら、気がつくと自分の分がなくなっておりましたorz
そこで急遽無理を言って、しまさんづてに学芸員のKさんに追加をお願いすることに・・。お手数おかけしますm(_ _;)m

  
コメント(6)雑記
コメント
名前
本文
(本文中に「http」を含む記事は投稿できません)
コメント一覧
投稿者 : みちくさ
こんばんは!
すご-い...圧巻ですね。
見ていて楽しくなりました。
yana さんにとって胸躍る一日だったのではないでしょうか!?

そういえば今日は、日中少しだけ時間があったので“タイワンメダカ”を材採してきました...(^ ^ヾ
2011/11/13 22:21
投稿者 : yana
展示もさることながら、名だたる研究者の方々とお話できたことが何よりの収穫でした。ゲンゴロウ展では、膨大な種類の水生昆虫の標本が展示してあって、識別に関するいくつかの個人的な疑問もだいぶクリアーにすることができました(^^)

タイワンメダカ・・一瞬どんな魚だろうと思ってしまいましたよ。脚の黄色いやつのホストもぜひぜひ解明してやってください。
2011/11/13 23:21
投稿者 : みちくさ
そうでしたか。
とっても有意義なひとときだったのですね☆
yana さん嬉しそう!

タイワンメダカは...タイワンタガメの写真を拝見して、ついつい...
オヤジですね...(^ ^ヾ
また折を見て書き込みさせてください...m(_ _)m
2011/11/13 23:40
投稿者 : 海獣
当日は大変お世話になりました。私の方も色々お話し伺えて楽しかったです。ゲンゴロウにスポットあてた企画展なんかはKさんがいるから出来るのでしょうね。しかし時間がなさすぎました。まだまだ見ていたかったです。
2011/11/15 10:04
投稿者 : yana
みちくささん
はい。ただただ楽しい一日でした。
2011/11/16 00:08
投稿者 : yana
海獣さん
こちらこそ大変お世話になりました。期間終了間際まで展示種数や企画を増やし続けていく情熱には大変感銘を受けました。常設だったら水昆博物館になってしまいそうでしたね。
2011/11/16 00:18
新着アーカイブ
▼Conophytum ursprungianum v. stayneri
(2014/10/28 22:50)
▼Pyllobolus amabilis
(2014/10/21 22:33)
▼花芽!
(2014/10/20 22:59)
▼キリマンジャリクス
(2014/10/19 23:33)
▼夏型という噂
(2014/10/18 00:48)


カテゴリー
昆虫 水生カメムシ類(2)
昆虫 水生甲虫(15)
昆虫 コウチュウ目(4)
昆虫 トンボ目(5)
昆虫 ハチ目(3)
昆虫 カメムシ目(1)
昆虫 ヘビトンボ目(3)
昆虫 アミメカゲロウ目(1)
昆虫 チョウ目(9)
昆虫 ハエ目(2)
昆虫 バッタ目(3)
昆虫 ゴキブリ目(1)
生物 クモ(1)
生物 野鳥(32)
生物 両生・爬虫類(3)
生物 哺乳類(7)
植物 野草(12)
園芸 サボテン(4)
園芸 多肉植物(83)
園芸 球根(19)
園芸 食虫植物(19)
園芸 ブロメリア(14)
園芸 山野草(11)
園芸 その他の植物(17)
園芸 チリの植物 実生(8)
きのこ(38)
雑記(37)

月別アーカイブ
2014年11月(1)
2014年10月(5)
2014年09月(4)
2014年08月(3)
2014年07月(6)
2014年06月(7)
2014年05月(11)
2014年04月(10)
2014年03月(10)
2014年02月(9)
2014年01月(15)
2013年12月(7)
2013年11月(5)
2013年10月(2)
2013年09月(10)
2013年08月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(1)
2013年03月(12)
2013年01月(1)
2012年12月(10)
2012年11月(9)
2012年10月(5)
2012年09月(4)
2012年08月(2)
2012年07月(4)
2012年06月(3)
2012年04月(6)
2012年03月(12)
2011年12月(1)
2011年11月(8)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(8)
2011年07月(7)
2011年06月(14)
2011年05月(5)
2011年04月(7)
2011年03月(4)
2011年02月(2)
2011年01月(9)
2010年12月(5)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(7)
2010年07月(8)
2010年06月(6)
2010年05月(9)
2010年04月(3)
2010年03月(6)
2010年02月(1)
2010年01月(9)
2009年12月(4)
2009年11月(4)
2009年10月(14)

ブログ内検索