八溝山の放射線量
ちょこちょこチェックさせていただいている某虫屋さんのブログに、八溝山頂の線量が異常に高いと書かれていて、僕の周りで最近話題になっていました。茨城・栃木・福島の県境にまたがるように位置する八溝山は、標高1022mとそれほど高い山ではありませんが、それでも高山のない茨城県では最高峰であり、県内のほとんどすべての虫屋さんが通うであろう昆虫採集のメッカの一つになっています。

そんな折、トンボ屋のSさん(現在はほとんどアミメカガゲロウ・シリアゲムシ屋さん)が今から八溝に行くというので、「じゃぁ、僕もついて行きます。」などと無茶なことを言って、急遽便乗させていただく事になりました。
ふふふ・・しめしめでやんす。

八溝山頂 展望台周辺

山頂まで車で上がると、腰の辺りの空間線量は大体0.5〜0.6μSv/h前後。ガイガーカウンターのしきい値を0.4μSv/hに設定しているためピキピキとアラームが鳴ります。ただ、思っていたほど高い数値ではありません(ブログの文面から、この10倍くらいを予想してました。)。ホットスポットを探しながら地面直置きで計測していくと、山頂周辺の地上部はおおむね上の画像ような値。山頂付近で最も高かったのは展望台の壁面直下の地面で、1.77μSv/hでした。むむむ・・・これ位の数値は、つくばの雨樋の下でも出るんですが・・・。ならば、北側斜面にある電波塔周辺ならばもっと高いのかもしれないと思って計測してみるも、結果は同じような値でした。


585.jpg
八溝湧水群 金性水付近

ちょっと下って、八溝山湧水群付近を計測。湧水群へ続く林道沿いは、山頂よりも空間線量が若干高く、腰の高さで0.7〜0.9μSv/h。林道を地面直置きで計測していって、最も高かったのが金性水付近の林道の地面で、1.90μSv/hでした。うーん・・・高めといえば高めなんですが、福島の知り合いはもっと高線量のところで普通に調査してるしなぁ・・・。

結局、想像してたような高線量ではなくて個人的には安心したものの、この程度の数値をなんとも思わなくなってしまったのは、単に慣れによるところが大きいだけのような気もします。これをもって、安全危険の判断をすることは僕には出来ません。

山の気温は思ったほど低くありませんでしたが、見かける昆虫は少なく、Sさんはついに網を置いて山栗を拾っています。山腹には雲がかかり始め、パラパラと雨粒が落ちてきました。

「グルルルルル・・・。」

はぁ・・どこか遠くでムササビが鳴いてゐる・・。

  
コメント(4)雑記
コメント
名前
本文
(本文中に「http」を含む記事は投稿できません)
コメント一覧
投稿者 : しぇん
あは(笑)うちと同じガイガーですww
けっこう数値高いですね★
水や単純な動植物の影響が心配です。
福島の自宅では玄関先が0.5マイクロです。。
家の中は先月で0.25でした。
地元の人の話ではシジミチョウなどの小さな蝶の片目がないものなどが発見されています★
yanaさんも山を歩くから気を付けてくださいね。
そして小さな昆虫の奇形がないかも観察してみてください。
2012/10/09 11:14
投稿者 : yana
しぇんさんもRADEXをお持ちでしたか。
セシウムはほとんどが土壌に吸着するようですが、間接的な影響は今後どの程度出てくるのでしょうかね??
昆虫の奇形は事故以前からも度々報告されていることなので、放射能と関連付けるのは簡単ではなさそうですが、これから注意してみます。
2012/10/10 00:32
投稿者 : 避難放浪民
八溝山はそでしょね。小生は大子町の隣の栃木県旧黒羽町の自宅を放棄して避難放浪中です。奥久慈黒羽あたりはお茶が出荷停止になったよに記憶してます。那須の野生栗も放射性物質検出中禅寺湖の魚も移動禁止全て昔東電が提供してた雷情報の雷雲の移動ルートに合致しとります。仕事上、東電が提供してた雷情報を利用してた事と気象の知恵から福一事件当初から自宅放棄して避難放浪中。一度/3ヶ月の頻度で一週間程一時被曝兼雑草刈りに自宅に戻ります。謎の倦怠感が続きます。『美味しんぼ』が鼻血で炎上騒ぎになりましたが、炎上させた側が無知なだけの事でせう。栃木県大田原市内ですら鼻血が多発するよになって困ってる方がおります。本人に会った時に福一事件後、おかしいと話をされました。既に中禅寺湖以北福島県内は生物が棲息する環境では無いのでしょ。自宅周りの農家も自家用畑の作物は口にせず、スーパーで野菜買って食ってるザマ。福一から90km程の栃木県内で奇形(コバルトブルー/イルカ顔)鮎確認されてます。自宅もそのあたり
2015/09/01 02:33
投稿者 : オーマイガー
体に影響が無い放射線量の数値を教えて下さい。
2017/05/24 12:50
新着アーカイブ
▼Conophytum ursprungianum v. stayneri
(2014/10/28 22:50)
▼Pyllobolus amabilis
(2014/10/21 22:33)
▼花芽!
(2014/10/20 22:59)
▼キリマンジャリクス
(2014/10/19 23:33)
▼夏型という噂
(2014/10/18 00:48)

新着コメント
▼ロゼットビオラその後の後
by チェリーパイ (05/27)
▼八溝山の放射線量
by オーマイガー (05/24)
▼実りの初夏
by チェリーパイ (09/19)
▼実りの初夏
by yana (09/19)
▼実りの初夏
by チェリーパイ (09/18)


カテゴリー
昆虫 水生カメムシ類(2)
昆虫 水生甲虫(15)
昆虫 コウチュウ目(4)
昆虫 トンボ目(5)
昆虫 ハチ目(3)
昆虫 カメムシ目(1)
昆虫 ヘビトンボ目(3)
昆虫 アミメカゲロウ目(1)
昆虫 チョウ目(9)
昆虫 ハエ目(2)
昆虫 バッタ目(3)
昆虫 ゴキブリ目(1)
生物 クモ(1)
生物 野鳥(32)
生物 両生・爬虫類(3)
生物 哺乳類(7)
植物 野草(12)
園芸 サボテン(4)
園芸 多肉植物(83)
園芸 球根(19)
園芸 食虫植物(19)
園芸 ブロメリア(14)
園芸 山野草(11)
園芸 その他の植物(17)
園芸 チリの植物 実生(8)
きのこ(38)
雑記(38)

月別アーカイブ
2014年11月(1)
2014年10月(5)
2014年09月(4)
2014年08月(3)
2014年07月(6)
2014年06月(7)
2014年05月(11)
2014年04月(10)
2014年03月(10)
2014年02月(9)
2014年01月(15)
2013年12月(7)
2013年11月(5)
2013年10月(2)
2013年09月(10)
2013年08月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(1)
2013年03月(12)
2013年01月(1)
2012年12月(10)
2012年11月(9)
2012年10月(6)
2012年09月(4)
2012年08月(2)
2012年07月(4)
2012年06月(3)
2012年04月(6)
2012年03月(12)
2011年12月(1)
2011年11月(8)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(8)
2011年07月(7)
2011年06月(14)
2011年05月(5)
2011年04月(7)
2011年03月(4)
2011年02月(2)
2011年01月(9)
2010年12月(5)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(7)
2010年07月(8)
2010年06月(6)
2010年05月(9)
2010年04月(3)
2010年03月(6)
2010年02月(1)
2010年01月(9)
2009年12月(4)
2009年11月(4)
2009年10月(14)

ブログ内検索