うさぎ跳び
ビョビョビョビョビョ・・・

頂き物のウサギゴケが満開になりました。小さな2.5号鉢植えなんですが、結構迫力があります。こんなに咲いてくれると、次は大きな鉢でも作ってみたくなりますね。

  
コメント(2)園芸 食虫植物
こげこげセファロタス
877.jpg
Cephalotus follicularis

そんなに日に当てているつもりはないのですが、かなーり焼けています。


878.jpg
お口の中に筑波山

用土は砂利系だし、密閉されたプラケ暮らしなので1年近く虫を食べていないと思います。・・・もしかして栄養不足でしょうか???

  
コメント(0)園芸 食虫植物
ドロセラ・ステリフロラが開花
828.jpg
Drosera stelliflora (D. dichrosepala ? or D. verrucata ?)

グロ気味なボディからスッと伸びた、赤い花柄と真っ白い花の対比がなかなか清楚で美しいです。グロカッコイイ・・いや、グロ清楚でしょうか?・・なんだグロ清楚って・・(;゚д゚) ちなみに、奇跡だ!などと浮かれていたスコルピオイデスのムカゴは、発芽することなく黄色くなって枯れました。

Droさんにご指摘を受けて調べてみたところ、めしべなどの形状からステリフロラとは明らかに異なることが分かりました。購入時のラベルを鵜呑みにしてはいけませんね・・(^^;
次回開花した際に詳しく調べてみようと思いますが、おそらくD. dichrosepala から別種として分けられた D. verrucata ではないかと思います。
(2015年1月16日追記)

  
コメント(4)園芸 食虫植物
奇跡もムカゴもあるんだよ
808.jpg
スコルピ終了のお知らせorz 

調子が良かったはずのDrosera scorpioidesが、ムカゴを付ける直前で弱り始め、あれよあれよという間に枯れてしまいました・・・。あまりに残念すぎる結末に、未練がましく成長点をピンセットでかき分けてみたりしたのです。すると、なにやらキラリと光る緑色の点が・・・。

まさか!むむ・・ムカゴ?!



809.jpg
あああ・・・出来てましたか!

慎重に取り外し顕微鏡でのぞくと、そこには2年間待ち続けたスコルピオイデスのムカゴが!ギリギリで繋がった一縷の望み。なんとか次へ繋げなくては!

  
コメント(0)園芸 食虫植物
やっぱりうちは寒すぎるのか
801.jpg
Drosera rupicola 'golden green plants'

ルピコラが遅々として生長しません。でも、調子は良いようなので良しとしてます。

  
コメント(0)園芸 食虫植物
球ドロたちは今ひとつ・・
792.jpg
Drosera zonaria

一昨年の冬に植えつけてから、丸一年休眠していたゾナリアです。去年の暮れにお目覚めしたのですが、ご覧の通り粘液がほとんど出ていません・・・。花芽もついてるというのに、今ひとつ調子が上がらないようです・・・。



791.jpg
Drosera erythrorhiza squamosa

こちらも粘液の分泌が悪いです・・。五反田で見たような鮮やかさも出て無いし、一体何がいけないのだろうか・・??日当たりは10時過ぎから4時間程度の直射(14時以降は半日陰)、一日の気温変化は0℃〜15℃くらい(夜間は-10℃近くまで下がることがあるので、凍らない程度に加温)、強風・霜よけはしてますが・・・もしかしてまだ寒過ぎるのかな?

  
コメント(0)園芸 食虫植物
システィフロラ
765.jpg
Drosera cistiflora

大輪の花を咲かせる南アフリカ産のドロセラです。冬型で、夏は地上部が枯れて休眠します。昨年は休眠前にうっかり高温で蒸らしてしまい、そのまま地上部が消滅。これはさすがに枯れたと思ったのですが、諦めきれずにそのまま乾燥させて休眠管理を続けました。9月頃からダメモトで潅水を開始したところ、晩秋にポツポツと芽が出てきました。かなりダメージを与えたので開花は望めないかもしれませんが、今年はなるべく株を充実させてあげたいと思います。

  
コメント(0)園芸 食虫植物
ムカゴをまいてから1年経ちました
747.jpg
Drosera occidentalis var. microscapa

まき過ぎたようで、2.5号鉢がすし詰め状態になってしまいました。常時腰水状態にするよりも、用土を乾燥気味に管理(カラカラにはしませんが)したほうが調子良く育つようです。

  
コメント(2)園芸 食虫植物
ドロセラ・パラドクサ
710.jpg
Drosera paradoxa

放射状に葉を展開するオーストラリア産のモウセンゴケ。

  
コメント(0)園芸 食虫植物
ムカゴ蒔きしたピグミードロセラ
661.jpg
Drosera stelliflora


カビや藍藻対策になるのではと思い、わざとコケさせてみました。結構いい感じです。


669.jpg
Drosera occidentalis var. microscapa

置き場所に困るとわかっていても、やっぱり増やすのは楽しいですね。

  
コメント(6)園芸 食虫植物
変わり身
昨年の夏、ウサギゴケとクリオネミミカキグサを並べて育てていたのですが、ウサギだけ猛暑で枯れてしまってがっかりしていたんです。ところが、よく見るとウサギゴケの鉢に一枚だけ小さい葉っぱが生き残っているではありませんか!それから過保護に過保護に育てること約半年・・。

入れ違っちゃったんですかねぇ・・

生き残ったと思っていたのは、実は隣の鉢から侵入してきたクリオネだったというオチ・・・。

  
コメント(4)園芸 食虫植物
Drosera scorpioides
670.jpg
カッコイイですなぁ・・。

去年はムカゴが採れませんでした・・。今年は何とか増やしたい種類です。

  
コメント(5)園芸 食虫植物
おはようございます
啓蟄も過ぎたし、そろそろ土から這い出そうかなと思い始めた今日この頃です。

654.jpg
Utricularia livida “Mexico” 

実は、上のリビダは1月中旬頃の姿です。花の数は、一時この倍くらいにまでなったのですが、落ちた花がらから発生したカビでじわじわ株が枯れ始めたので、先日思い切って植え替えしました。丈夫な種類だからといって管理を疎かにしちゃいけませんね・・。

  
コメント(4)園芸 食虫植物
Utricularia simmonsii
649.jpg
Utricularia simmonsii


オーストラリアに分布する熱帯性ミミカキグサの一種です。
寒さにめっぽう弱いらしいので、一年中加温した水槽の中で腰水栽培しています。



650.jpg

日本人の主食と比べるとこんな感じです。
あまりにも小さいので、肉眼だと蕾だか花だか果実だかよく分かりません。赤い楕円形の物体は、多分ほとんど果実だと思います(満開を思いっきり見逃してる・・orz)

※おコメは撮影後に炊いて食べましたm(_ _)m

  
コメント(2)園芸 食虫植物
Drosera stelliflora
651.jpg
Drosera stelliflora

再びピグミードロセラです。こちらは、今年9月に筑波実験植物園で開催されたイベント「植物vs昆虫展」に出展されていた大谷園芸さんから購入したものです。何年も育て続けると、枯葉を積み重ねながら株が立ち上がってゆき、やがて「やちぼうず」のような見事な姿になるようです。


652.jpg
溝の間隔は1mm。ピンセットで摘めるサイズです。

ちなみにムカゴはこんな感じです。D. occidentalis var. microscapa  はチョウの鱗粉のごとき細かさでしたが、こちらは丸くてずっと大きいです。ただ、その分ムカゴの数はずっと少ないですが・・。

  
コメント(2)園芸 食虫植物
Drosera occidentalis var. microscapa

ロゼットの直径が1cm程の極小種。


オーストラリア南西部に産するピグミードロセラの一種。この手のドロセラは、冬期にムカゴを作って繁殖するというワザを身に付けています。株の中心に見えている、鱗片のような一粒一粒がムカゴです。花が咲かなくても増やせるのはいいですね。


626.jpg
スケールの上にムカゴを乗せて撮ってみました。縦溝の間隔は1ミリです。

ムカゴは、濡らした爪楊枝の先で撫でると簡単に採ることが出来ます。ただ、あまりにも小さいので実体顕微鏡で覗きながら作業しました。

  
コメント(6)園芸 食虫植物
赤い球根
561.jpg
それにしても赤い


球根ドロセラの植え替えをしました。栽培初挑戦で勝手が分からず、かなりビクビクしながら育てていました。初夏に地上部が枯れてからは軒下に放置していたのですが、植え替え(・・というか生存確認)のために鉢をひっくり返すと、無事に新しい球根が出来ていてホッと一安心しました。左下の熟れ過ぎたプチトマトみたいなのが新しい球根です。消滅も覚悟していただけに、枯れた葉っぱの根元にも小さな球根が出来ていたのにはちょっと驚きました。

  
コメント(4)園芸 食虫植物
セファロタス
昨年の10月ごろから育てているセファロタス・フォリキュラリス。一応フクロユキノシタという和名もあります。オーストラリア南西部に分布する一属一種の食虫植物で、有名なので知っている人も多いかもしれません。根が張って株が充実してきたのか、最近になって大きな袋を付け始めました。手前の、鉢から飛び出した袋で4cmくらいでしょうか。

505.jpg
フクロユキノシタ Cephalotus follicularis

60センチ水槽に高さ18センチくらいの台を入れて、上半分に湿地性の食虫植物、下半分に水を張ってイヌタヌキモと中〜小型ゲンゴロウを数種飼っています。飛び出したゲンゴロウがセファロタスにインしないか、ほんのちょっと不安ですが・・・きっと大丈夫でしょう。袋の中を覗いたら、どこから入り込んだのか、小さなユスリカが数匹沈んでいるのが見えました。

  
コメント(0)園芸 食虫植物
クリオネ
497.jpg
クリオネミミカキグサ Utricularia Warburgii

中国の浙江省、江西省に分布するミミカキグサの仲間です。和名の通りクリオネに似た花が咲き、大変個性的で可愛らしい種類です。かなりの強健種で、特に気を使わなくても勝手にどんどん増殖してくれます。


496.jpg
バッカルコーン!

  
コメント(0)園芸 食虫植物
新着アーカイブ
▼Conophytum ursprungianum v. stayneri
(2014/10/28 22:50)
▼Pyllobolus amabilis
(2014/10/21 22:33)
▼花芽!
(2014/10/20 22:59)
▼キリマンジャリクス
(2014/10/19 23:33)
▼夏型という噂
(2014/10/18 00:48)


カテゴリー
昆虫 水生カメムシ類(2)
昆虫 水生甲虫(15)
昆虫 コウチュウ目(4)
昆虫 トンボ目(5)
昆虫 ハチ目(3)
昆虫 カメムシ目(1)
昆虫 ヘビトンボ目(3)
昆虫 アミメカゲロウ目(1)
昆虫 チョウ目(9)
昆虫 ハエ目(2)
昆虫 バッタ目(3)
昆虫 ゴキブリ目(1)
生物 クモ(1)
生物 野鳥(32)
生物 両生・爬虫類(3)
生物 哺乳類(7)
植物 野草(12)
園芸 サボテン(4)
園芸 多肉植物(83)
園芸 球根(19)
園芸 食虫植物(19)
園芸 ブロメリア(14)
園芸 山野草(11)
園芸 その他の植物(17)
園芸 チリの植物 実生(8)
きのこ(38)
雑記(37)

月別アーカイブ
2014年11月(1)
2014年10月(5)
2014年09月(4)
2014年08月(3)
2014年07月(6)
2014年06月(7)
2014年05月(11)
2014年04月(10)
2014年03月(10)
2014年02月(9)
2014年01月(15)
2013年12月(7)
2013年11月(5)
2013年10月(2)
2013年09月(10)
2013年08月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(1)
2013年03月(12)
2013年01月(1)
2012年12月(10)
2012年11月(9)
2012年10月(5)
2012年09月(4)
2012年08月(2)
2012年07月(4)
2012年06月(3)
2012年04月(6)
2012年03月(12)
2011年12月(1)
2011年11月(8)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(8)
2011年07月(7)
2011年06月(14)
2011年05月(5)
2011年04月(7)
2011年03月(4)
2011年02月(2)
2011年01月(9)
2010年12月(5)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(7)
2010年07月(8)
2010年06月(6)
2010年05月(9)
2010年04月(3)
2010年03月(6)
2010年02月(1)
2010年01月(9)
2009年12月(4)
2009年11月(4)
2009年10月(14)

ブログ内検索