ロゼットビオラその後の後
途中まで順調だったViola sp. 2196 は根元が腐って枯れてしまいました・・。蕾が付くところまでは行ったのですが、どうも2000倍に希釈した液肥をあたえてからガクッと調子を落としてしまった気がします・・。まったくいらんことをしました・・。ほかのロゼットビオラたちも、いつ枯れるともわからない状況ですので、最後の写真にならないことを祈りつつ、ロゼットビオラその後の後です。

889.jpg
Viola litoralis

リトラリスはかなり危ない状況です。相当いじけていますが持ち直せるでしょうか・・?新葉が割と元気なのを僅かな希望にしています。ロゼットの直径約15ミリ(一番長い部分)。


888.jpg
Viola cotyledon

リトラリスに比べれば、まだマシですが・・ちょっと弱弱しいかも。一番下のはもうダメそうです。ロゼットの直径約8ミリ。


890.jpg
Viola rosulata

一番気に入っているロスラータが今のところ一番元気です。ロゼットの直径約15ミリ。

どの種もロゼットは極小サイズなんですが、根っこは10センチ以上伸びて鉢底穴から飛び出してしまっています。次挑戦するときは鉢の高さも見直さないといけませんね。。。

  
コメント(1)園芸 チリの植物 実生
Tagetes multiflora
872.jpg
華が・・・・ない。

なんとなく種を買ってみた原種マリーゴールドの一種。一年草で、草丈は10センチ程。播種後3か月ほどでなんとなく開花。帰化植物の雑草といわても違和感を感じないお姿・・・でも、なんとなく好き。もし種が採れたら、来年もなんとなく蒔いてみようかな・・。


879.jpg


  
コメント(0)園芸 チリの植物 実生
Viola sp. 2196
860.jpg


チリフロラの#2196です。うちのロゼットビオラの中では一番生長してくれていますが、これも一年草らしいです。

  
コメント(0)園芸 チリの植物 実生
ロゼットビオラその後
844.jpg
Viola litoralis

うむむ・・・発芽したはいいが全然本葉が出てきません。リトラリスは1年草のようなので、一気に成長するかと期待していたのですが…。とりあえずは元気そうなので様子見です。


843.jpg
Viola cotyledon

多年草のコチレドンのほうは、本葉がちらほらと出てきました。日に日に気温が上がってきているので、そろそろ何か手を打たないとマズいかも…。開花は夢としても、ちょっとでも形になってくれると嬉しいのですが・・。

  
コメント(4)園芸 チリの植物 実生
グラマー&スレンダー

チリ産の実生オキザリス

個性的で大変よろしゅうございます。



Oxalis maritima



Oxalis gigantea


  
コメント(0)園芸 チリの植物 実生
Oxalis gigantea
800.jpg
2年振りの挑戦

オキザリス・ギガンテアの実生に再挑戦中。昨年の11月末に播種したものには本葉が出てきました。

  
コメント(0)園芸 チリの植物 実生
ロゼットビオラが発芽しました
789.jpg
Viola litoralis

ロゼット状に葉を展開する南米チリの変なスミレです。何種類か播種してみたのですが、発芽第一号はビオラ・リトラリスでした(ビオラ・コチレドンも発根を確認)。育て方も良く分かっていないのですが、とりあえず他のロゼットビオラに比べると生育している標高も耐寒性も低め。とはいえ、きっと暑さには弱いだろうということで、軽石でマルチングしてから直射に当ててみることにしました。栽培困難といわれるロゼットビオラですが、リトラリスは1年草らしいので、気温が上昇する夏前までにモリモリ生長してくれるようならあるいは花も・・・・。

  
コメント(0)園芸 チリの植物 実生
レオントキール・オバレイが発芽!
768.jpg
低温乾燥状態が良かったのでしょうか???

おまけで貰った種子5粒を蒔いたのが去年の9月10日。実に、発芽まで1年3ヶ月以上もかかったことになります。発芽にえらく時間がかかるのか、環境が合わなかったのか分かりませんが、完全に諦めて放置していたので本当に驚きました。画像ではボケてしまってますが2つ発芽しています。去年の冬は、特に原産地の環境など調べずに、湿潤状態で10℃以上の環境においていました。ところが、春になっても夏になっても出ないので、いいかげん邪魔になって雨の当たらない温室の端に転がしておいたのです。そんなわけで、今年の冬は最低気温が1℃〜3℃くらいの場所に放置され、しばらく潅水もしてないので用土は乾燥していました。調べてみたら、分布はチリ沿岸の極度に乾燥した地域(アカタマ砂漠の近く)で、水分は主に沿岸霧から得ているのだとか・・。なんと、千葉に生産している農家があることも分かってさらにビックリ!

  
コメント(0)園芸 チリの植物 実生
新着アーカイブ
▼Conophytum ursprungianum v. stayneri
(2014/10/28 22:50)
▼Pyllobolus amabilis
(2014/10/21 22:33)
▼花芽!
(2014/10/20 22:59)
▼キリマンジャリクス
(2014/10/19 23:33)
▼夏型という噂
(2014/10/18 00:48)

新着コメント
▼ロゼットビオラその後の後
by チェリーパイ (05/27)
▼八溝山の放射線量
by オーマイガー (05/24)
▼実りの初夏
by チェリーパイ (09/19)
▼実りの初夏
by yana (09/19)
▼実りの初夏
by チェリーパイ (09/18)


カテゴリー
昆虫 水生カメムシ類(2)
昆虫 水生甲虫(15)
昆虫 コウチュウ目(4)
昆虫 トンボ目(5)
昆虫 ハチ目(3)
昆虫 カメムシ目(1)
昆虫 ヘビトンボ目(3)
昆虫 アミメカゲロウ目(1)
昆虫 チョウ目(9)
昆虫 ハエ目(2)
昆虫 バッタ目(3)
昆虫 ゴキブリ目(1)
生物 クモ(1)
生物 野鳥(32)
生物 両生・爬虫類(3)
生物 哺乳類(7)
植物 野草(12)
園芸 サボテン(4)
園芸 多肉植物(83)
園芸 球根(19)
園芸 食虫植物(19)
園芸 ブロメリア(14)
園芸 山野草(11)
園芸 その他の植物(17)
園芸 チリの植物 実生(8)
きのこ(38)
雑記(38)

月別アーカイブ
2014年11月(1)
2014年10月(5)
2014年09月(4)
2014年08月(3)
2014年07月(6)
2014年06月(7)
2014年05月(11)
2014年04月(10)
2014年03月(10)
2014年02月(9)
2014年01月(15)
2013年12月(7)
2013年11月(5)
2013年10月(2)
2013年09月(10)
2013年08月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(1)
2013年03月(12)
2013年01月(1)
2012年12月(10)
2012年11月(9)
2012年10月(6)
2012年09月(4)
2012年08月(2)
2012年07月(4)
2012年06月(3)
2012年04月(6)
2012年03月(12)
2011年12月(1)
2011年11月(8)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(8)
2011年07月(7)
2011年06月(14)
2011年05月(5)
2011年04月(7)
2011年03月(4)
2011年02月(2)
2011年01月(9)
2010年12月(5)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(7)
2010年07月(8)
2010年06月(6)
2010年05月(9)
2010年04月(3)
2010年03月(6)
2010年02月(1)
2010年01月(9)
2009年12月(4)
2009年11月(4)
2009年10月(14)

ブログ内検索