真冬のトンボ
759.jpg
ホソミオツネントンボ ♂

日本で成虫越冬するトンボは3種類いるのですが(ホソミオツネントンボ、オツネントンボ、ホソミイトトンボ)、うちの近所で確認しているのは、画像のホソミオツネントンボだけです。枝になりきってじっと春を待ちますが、完全に寝ているわけでは無いので、気温が上がれば冬でも飛んだりします。


761.jpg
ホソミオツネントンボ ♀

こちらはメス。色やサイズは似ていますが、腹端がオスに比べて膨らんでいます。越冬環境は、まず風を避けることができる林内(林縁や疎林では見たことがありません)で、画像のように樹幹から直接生えている小さな枝に止まっていることが多いです。うちの近所でははクリやコナラでよく見かけますが、ハンノキ林でも見たことがあります。

  
コメント(2)昆虫 トンボ目
レオントキール・オバレイが発芽!
768.jpg
低温乾燥状態が良かったのでしょうか???

おまけで貰った種子5粒を蒔いたのが去年の9月10日。実に、発芽まで1年3ヶ月以上もかかったことになります。発芽にえらく時間がかかるのか、環境が合わなかったのか分かりませんが、完全に諦めて放置していたので本当に驚きました。画像ではボケてしまってますが2つ発芽しています。去年の冬は、特に原産地の環境など調べずに、湿潤状態で10℃以上の環境においていました。ところが、春になっても夏になっても出ないので、いいかげん邪魔になって雨の当たらない温室の端に転がしておいたのです。そんなわけで、今年の冬は最低気温が1℃〜3℃くらいの場所に放置され、しばらく潅水もしてないので用土は乾燥していました。調べてみたら、分布はチリ沿岸の極度に乾燥した地域(アカタマ砂漠の近く)で、水分は主に沿岸霧から得ているのだとか・・。なんと、千葉に生産している農家があることも分かってさらにビックリ!

  
コメント(0)園芸 チリの植物 実生
新着アーカイブ
▼Conophytum ursprungianum v. stayneri
(2014/10/28 22:50)
▼Pyllobolus amabilis
(2014/10/21 22:33)
▼花芽!
(2014/10/20 22:59)
▼キリマンジャリクス
(2014/10/19 23:33)
▼夏型という噂
(2014/10/18 00:48)


カテゴリー
昆虫 水生カメムシ類(2)
昆虫 水生甲虫(15)
昆虫 コウチュウ目(4)
昆虫 トンボ目(5)
昆虫 ハチ目(3)
昆虫 カメムシ目(1)
昆虫 ヘビトンボ目(3)
昆虫 アミメカゲロウ目(1)
昆虫 チョウ目(9)
昆虫 ハエ目(2)
昆虫 バッタ目(3)
昆虫 ゴキブリ目(1)
生物 クモ(1)
生物 野鳥(32)
生物 両生・爬虫類(3)
生物 哺乳類(7)
植物 野草(12)
園芸 サボテン(4)
園芸 多肉植物(83)
園芸 球根(19)
園芸 食虫植物(19)
園芸 ブロメリア(14)
園芸 山野草(11)
園芸 その他の植物(17)
園芸 チリの植物 実生(8)
きのこ(38)
雑記(37)

月別アーカイブ
2014年11月(1)
2014年10月(5)
2014年09月(4)
2014年08月(3)
2014年07月(6)
2014年06月(7)
2014年05月(11)
2014年04月(10)
2014年03月(10)
2014年02月(9)
2014年01月(15)
2013年12月(7)
2013年11月(5)
2013年10月(2)
2013年09月(10)
2013年08月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(1)
2013年03月(12)
2013年01月(1)
2012年12月(10)
2012年11月(9)
2012年10月(5)
2012年09月(4)
2012年08月(2)
2012年07月(4)
2012年06月(3)
2012年04月(6)
2012年03月(12)
2011年12月(1)
2011年11月(8)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(8)
2011年07月(7)
2011年06月(14)
2011年05月(5)
2011年04月(7)
2011年03月(4)
2011年02月(2)
2011年01月(9)
2010年12月(5)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(7)
2010年07月(8)
2010年06月(6)
2010年05月(9)
2010年04月(3)
2010年03月(6)
2010年02月(1)
2010年01月(9)
2009年12月(4)
2009年11月(4)
2009年10月(14)

ブログ内検索