伸び放題です
こういう物なのか何なのか、ひたすらだらしなく育っていく露鏡。挿し芽で増やしたいので、この辺で思い切ってバッサリ切ってみようと思ってます。

353.jpg
Pilea serphyllacea 'Globosa' (露鏡)

その日の日照具合で、あっちへゆらゆら・・こっちへふらふら・・。

  
コメント(0)園芸 多肉植物
ルブラが咲きました!
なんか土日くらいに咲くのかなと思っていたのですが、今朝起きたらもう咲いてました。

昨日のうちにつぼみを撮っといて良かった・・。

  
コメント(0)園芸 ブロメリア
ルブラが咲きそうです
普段はとっても成長が遅い植物で、育て始めて4ヶ月・・サイズだってほとんど変わっていません。ところが、葉っぱの奥に花芽がチラリ見えたかと思ったら、僅か3日のうちにここまで一気に伸びてしまいました。花芽が伸びるにつれて、葉っぱも鮮やかな桃色に染まってきたようです。なんて劇的な変化でしょう!これは土日を待ってたら咲かれてしまうと思い、帰宅後あわてて撮影しました。

352.jpg
Tillandsia ionantha `Rubra'

数日間で見違えるほど綺麗になりました。

  
コメント(2)園芸 ブロメリア
ハッチョウトンボ
体長約20ミリ。世界最小クラスの極小トンボです。

ハッチョウトンボ ♂

ただ、写真だと今ひとつ大きさが伝わらないのですよねぇ・・。


350.jpg

1円玉を乗せてみました。



351.jpg
ハッチョウトンボ ♀

メスは黄色と茶色の縞模様があります。初めて見たときはハナアブの類かと思いました。


349.jpg
目で見た印象に近い・・・かな?

  
コメント(2)昆虫 トンボ目
カイワレ→モヤシ
一月前はカイワレ状態だったオキザリス・ギガンテア。葉っぱの数は一向に変わりませんが、双葉から下がモヤシ程度に太くなりました。

339.jpg
木になるのはいつの事やら・・。

  
コメント(5)園芸 多肉植物
Crassula sp. (Transvaal.Drakensburg)
335.jpg

なんか全体的に白い剛毛が生えちゃってるクラッスラ。ラベルには産地名だけ書かれていて、種名はわかりません。2月に買ったときすでにつぼみが付いていたのですが、咲き終わった後に脇芽を出させようと深爪したら、脇芽と一緒に花芽まで上がってきてまた咲きました。


347.jpg

2月末はこんなでした。冬は真っ赤に紅葉します。3月に咲いた花は諸事情により撮り忘れました。

  
コメント(0)園芸 多肉植物
お祭りのお土産
折角なので、先日のビッグバザールで買ってきた多肉を・・。わざわざ遠くまで買いに出向くほどの珍種ではないかもしれませんが、お祭りのお土産としては十分でございます。

333.jpg
Lithops lesliei "Albinica"

'アルビニカ'としか書いてありませんでしたが、アルビニカ(黄紫勲)には、白い花が咲く白花黄紫勲と黄色い花が咲く黄花黄紫勲があるそうです。はたしてこれはどちらでしょうか?


344.jpg
Schizobasis intricata

はじめは買うつもりがなかった球根モノ。何気なく、「ここからまた葉っぱが出るんですか?」と聞いたら、一言「こういうものです。」

え!?な・・買った!

  
コメント(0)園芸 多肉植物
ホーディアが咲きました!
ホーディア・ピリフェラ?

外見はちょっぴりサボテン似。しかして、やっぱり花はガガイモです。ベルベット状で、深いワインレッドの花びらが素晴らしく魅力的です。香りはほとんど感じませんでしたが、鼻を近づけると微かに腐肉臭がするような気も・・?購入時は種不明だったのですが、花を見るとHoodia piliferaのような気がします。


337.jpg


外見が厳ついのでデカク感じるかもしれませんが、一円玉と比較するとこんなものです。



338.jpg


右は先日のビッグバザールで買ってきた名無しのホーディアです。うむむ・・・同種のような別種のような??とりあえず、好きなものなら幾つあってもイイ!ということで、同種でも全然嬉しいのですが、別種だったらなお嬉しい(笑)

  
コメント(0)園芸 多肉植物
TOMBO

ホソミオツネントンボ Indolestes peregrinus


成虫越冬することで有名なイトトンボ。冬は褐色ですが、今は綺麗な瑠璃色です。

329.jpg
ヨツボシトンボ Libellula angelina

あまり多くない気がします。見かけるとちょっと嬉しいトンボです。

  
コメント(0)昆虫 トンボ目
行ってきました五反田に




332.jpg


今回は、自分でも驚くほど財布の紐が硬かったです。買ったものといえば、前から欲しいと思っていたリトープスのアルビニカ(黄紫勲)と、札落ちのホーディア(花が咲けば種が分かるかも!)、それからシゾバシス・イントリカータ(初めての球根!)のみ。最後の最後まで迷ったのが、ブラキステルマとエリオスペルマム・ドレゲイ。こいつらは前三種とは値段も一桁違うのですが、買ってもすぐに枯らしてしまうかも・・という恐怖心を後ろ盾にしなければ危ないところでした。

  
コメント(2)園芸 多肉植物
ホタル調査に行ってきました
ゲンジボタル

結構発生していました。
ISO200で60ビョウ・・・むむむ。

  
コメント(0)昆虫 水生甲虫
ぶんぶんぶん

オオスズメバチ


いつ見てもすごい迫力ですが、今の時期は晩秋のように攻撃的では無い気がします。1m程の距離から撮影しても警戒すらされませんでした。巣の前だと、そこまで寄る勇気はありませんが。


328.jpg
ウマノオバチ

例年5月中旬頃に見かけることが多いのですが、6月に入ってからも飛んでいました。びろーんと長い産卵管が格好いいハチです。木の穴から産卵管をズイズイ差し込んで、奥に潜むシロスジカミキリの幼虫に卵を産み付けます。ちなみに、素手で掴んだり、産卵管をつまんで風船ごっこをしたりしても刺しません。

  
コメント(2)昆虫 ハチ目
200mmで頑張る!
312.jpg
ヒバリ


313.jpg
セッカ



324.jpg
コゲラ・・。


327.jpg
ドット抜け・・・?

いえいえ、ハチクマです。

  
コメント(2)生物 野鳥
奇想天外の実生に失敗するの蒔
ウェルウィッチア・ミラビリス。園芸名で奇想天外。ナミブ砂漠に自生するこの植物は、たった2枚の葉を生涯伸ばし続け、原産地では樹齢2000年以上の株も存在するといいます。

そんな2000年の旅を第一歩目から踏み出してやろうと、奇想天外の実生に挑戦してみたわけであります。

319.jpg
種子の周りには翼があります。全体で500円硬貨と同じくらいの大きさでしょうか。


奇想天外なところは他にもあります。灼熱のナミブ砂漠に自生していながら、この植物は水が大好き。水を切らすとたちまち枯れてしまうそうです。そんな植物が、カラカラの砂漠で一体どうやって生きているのかというと、地中深くに下ろした根の末端が常に湿った砂の層に届いているのだそうです。

318.jpg
この日は暑かった。この日までは・・。


で、早速播種ってみたのが5月20日。左は表面に真っ黒い富士砂を敷いてみました。太陽の熱を吸収して高温になり、その後の成長に差が見られたら面白いなと思ったわけです。

316.jpg
本来ならココに発根した種子の画像が入る予定でした。

焼け付くような日差しを受けて数日で発芽・・・する予定だったのですが、翌日から気温がガクンと急激に下がり、最低気温はなんと12℃に・・。翌日も翌々日も気温は上がらず、ついにはそのまま梅雨に突入してしまいました・・。日が差さないので富士砂もなにも関係なし。5粒蒔きましたが結局1つも発芽せず。

315.jpg
本来ならココに芽の画像が・・・。


次回の挑戦は・・・梅雨が明けてから・・かなorz

  
コメント(2)園芸 多肉植物
新着アーカイブ
▼Conophytum ursprungianum v. stayneri
(2014/10/28 22:50)
▼Pyllobolus amabilis
(2014/10/21 22:33)
▼花芽!
(2014/10/20 22:59)
▼キリマンジャリクス
(2014/10/19 23:33)
▼夏型という噂
(2014/10/18 00:48)

新着コメント
▼ロゼットビオラその後の後
by チェリーパイ (05/27)
▼八溝山の放射線量
by オーマイガー (05/24)
▼実りの初夏
by チェリーパイ (09/19)
▼実りの初夏
by yana (09/19)
▼実りの初夏
by チェリーパイ (09/18)

2011年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー
昆虫 水生カメムシ類(2)
昆虫 水生甲虫(15)
昆虫 コウチュウ目(4)
昆虫 トンボ目(5)
昆虫 ハチ目(3)
昆虫 カメムシ目(1)
昆虫 ヘビトンボ目(3)
昆虫 アミメカゲロウ目(1)
昆虫 チョウ目(9)
昆虫 ハエ目(2)
昆虫 バッタ目(3)
昆虫 ゴキブリ目(1)
生物 クモ(1)
生物 野鳥(32)
生物 両生・爬虫類(3)
生物 哺乳類(7)
植物 野草(12)
園芸 サボテン(4)
園芸 多肉植物(83)
園芸 球根(19)
園芸 食虫植物(19)
園芸 ブロメリア(14)
園芸 山野草(11)
園芸 その他の植物(17)
園芸 チリの植物 実生(8)
きのこ(38)
雑記(38)

月別アーカイブ
2014年11月(1)
2014年10月(5)
2014年09月(4)
2014年08月(3)
2014年07月(6)
2014年06月(7)
2014年05月(11)
2014年04月(10)
2014年03月(10)
2014年02月(9)
2014年01月(15)
2013年12月(7)
2013年11月(5)
2013年10月(2)
2013年09月(10)
2013年08月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(1)
2013年03月(12)
2013年01月(1)
2012年12月(10)
2012年11月(9)
2012年10月(6)
2012年09月(4)
2012年08月(2)
2012年07月(4)
2012年06月(3)
2012年04月(6)
2012年03月(12)
2011年12月(1)
2011年11月(8)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(8)
2011年07月(7)
2011年06月(14)
2011年05月(5)
2011年04月(7)
2011年03月(4)
2011年02月(2)
2011年01月(9)
2010年12月(5)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(7)
2010年07月(8)
2010年06月(6)
2010年05月(9)
2010年04月(3)
2010年03月(6)
2010年02月(1)
2010年01月(9)
2009年12月(4)
2009年11月(4)
2009年10月(14)

ブログ内検索