しじみ
久しぶりに、近くの谷津に水生昆虫を掬いに行ってみました。主な種類は、ヒメゲンゴロウ、マメゲンゴロウ、シマゲンゴロウ、コシマゲンゴロウ、クロゲンゴロウ・・・ガムシ、ヒメガムシ。マツモムシ、ミズカマキリ、ヒメコミズムシ、シマアメンボ・・・といった具合。
結局お持ち帰りしたのは、種類が知りたかった↓のシジミガムシだけでした。

438.jpg

うーむ・・どちら様でしょう?ミユキか(タダ)シジミだったらいいなぁ・・。


439.jpg
雄交尾器

クナシリシジミガムシLaccobius kunashiricusでした。

  
コメント(2)昆虫 水生甲虫
発根はしたけど・・
9月の頭。植え替えようとリトープスを抜き上げたら、アルビニカの根っこにカイガラムシが付いているのに気が付きました。虫はブラシでこそげ落としましたが、枯れてる部分もあったので、ついでに根を短く切り詰めて新しく発根させてみることにしました。カイガラムシの付いた写真はショックのあまり撮り忘れです。


日陰で切り口を10日ほど乾燥させたあと赤玉土に挿しました。水をあげないと発根しないらしいので、たっぷり潅水してから半日陰に置きました。


437.jpg

2週間たって抜きあげてみたところ、見事に発根しています。ただ・・・何というか、カビも見事に生えちゃってるんですけども・・。とりあえずカビを取れるだけ取った後、そのまま新しい用土に植えなおしてしまいました。なんとなく不安ですが・・。

  
コメント(4)園芸 多肉植物
UARSの破片が人に降って来ませんように・・(-人-;)
最近ゼオライトがお気に入りで、多肉の植え替えや化粧砂としてドバドバ使っていたら、植え替え途中で足りなくなってしまいました。こらイカンと急遽園芸店に買いに走ったのですが、どういう訳かバンクシアを手に持ってレジに並んでおりました。レジのおばちゃんに「まぁ、変わってるー。」と言われましたが、多分僕のことでは無い・・ハズです。バンクシアといえば例のアレですよね?山火事で種子をばら撒くという例の・・・・。子供の頃、学研の科学か何かで見た記憶がよみがえります。そんなノスタルジーにかこつけて購入。

429.jpg
Banksia 'Birthday Candles'

調べてみたら、Banksia spinulosa というオーストラリア東部沿岸に自生する種類の矮性品種のようです。なるほど砂礫背景が良く似合いますね。水はけの良いやせた酸性土壌を好み、-5℃くらいまで耐えるらしいです。ところでこやつ自家受粉はするのでしょうか・・?ぜひぜひ種が見たいのですが、特定の有袋類がいないとダメとかだったら悲しいです。


430.jpg
Oh! BONSAI BANKSIA.

  
コメント(0)園芸 その他の植物
寝耳に水作戦
9月1日に潅水しました。

428.jpg
Conophytum minimum 'wittebergense'

起きたようです。


423.jpg
鮮やかな葡萄色

去年はもうダメだと思った赤いペルシダムもバリバリ分球してくれました。



426.jpg
Conophytum stephanii

卵にひびが!



427.jpg
今年は花が見たいのですが・・どうなりますか・・。

うちに来てから枯れずに2度目の脱皮をしてくれました。産毛に覆われた、うちで一番小さいコノフィツムです。

  
コメント(3)園芸 多肉植物
もうすぐシーズンなのに・・・
421.jpg
マントカラカサタケ?


うちの前の藪にひょっこり生えてきました。高さは30センチほどあります。マントカラカサタケかなぁ・・と思いましたが、ちゃんと確認する前に腐れて消えました。先日、棚倉町のチチタケ1キロあたりから2万8千ベクレルの放射性セシウムが検出(基準値はキロ500ベクレルだという)されたとニュースになりましたね。ある種のキノコがセシウムを濃縮するというのは知っていましたが、思わず閉口するような数値です。隣町では基準値以下だったという話もあるみたいですが、雨樋の下のようなミクロなホットスポットが各地に点在しているのかもしれませんね・・。僕の自宅は福島第一原発から百数十キロの距離にありますが、この辺もアウトになりうると思っていたほうがいいのかもしれません・・。ちなみにRADEXで計ると、地面に置いた場合、うちの庭で0.3μSv/h前後ですが、雨樋の直下は1.5μSv/h前後まで上昇します。

野生キノコ出荷停止へ 農水省・福島県、放射線検査強化(朝日新聞)

  
コメント(0)きのこ
そんな・・・

9月4日


ブラキステルマ・ブカナニーがグイグイと伸びてきました。



415.jpg
9月4日 つぼみ!

つぼみが膨らんできました!



425.jpg
9月8日 何故ですか!\(TДT)/

しぼみました。

  
コメント(0)園芸 多肉植物
湿生植物
スズサイコの実が空振りに終わったので、近所の湿地を覗いてきました。開発の危機にさらされていますが、本当にいいところです。

419.jpg
ナガバノイシモチソウ Drosera indica


420.jpg
微小昆虫が餌食になっていました。

中央のはキスイムシの仲間でしょうか???下のは・・・・なんだかよく分かりません。


417.jpg
ヒナノカンザシ Salomonia oblongifolia

小さいので目を凝らさないとなかなか見つかりません。写真の株で草丈6センチくらい。花が咲いてなかったら絶対に見つけられなさそうです。

418.jpg
花は1〜2ミリくらい。トゲトゲした実もかわいいです。



422.jpg
ミミカキグサ Utricularia bifida

食虫植物の一種で、地下茎にある捕虫嚢で小動物を捕らえるそうです。葉っぱはとても小さく、地面に張り付くように生えているため、この画像には写っていません。どれも5〜10センチほどの花茎を伸ばして花をつけていました。花は4〜5ミリくらいですが、鮮やかな黄色をしているのでかなり目立ちます。

  
コメント(0)植物 野草
日本のガガイモ その2
THE ガガイモが雑草扱いなのに対して、こちらは貴重種扱い(環境省:NT)のスズサイコです。

402.jpg
7月24日 スズサイコ Cynanchum paniculatum

日当たりのいい土手に生えていました。なんとなく塊根ガガにも通ずる草体ですが、もちろん地下にイモは出来ませんですよ。


400.jpg
7月24日 つぼみ



401.jpg
7月24日 開花している株もありました

花は早朝に開き、日に当たると閉じてしまうそうです。この日は曇っていたためか午後も開いていました。


9月4日 そろそろ唐辛子みたいな袋果が出来てる頃かもと思い写真を撮りに行ったのですが、綺麗に草刈りされていて何もありませんでしたorz

  
コメント(0)植物 野草
思いがけないところでスタペリアに出会いました。
先日、近所の洋食屋さんで昼食を食べました。入るときは気づかなかったのですが、会計を済ませて店を出ようとしたとき、入り口近くの窓際に小さな棚があって、「販売中」と書かれた札とともに鉢植えがいくつか並べてあるのに気づきました。へぇ・・と思いましたが、買うつもりはなかったので横目でチラと見て店を出ようとしました。・・ところが、視界の片隅に一鉢だけ場違いな異形の植物を見た気がしたのです。

「すみません。これください。」

Stapelia hirsuta 犀角

これほどの大株がワンコインとは嬉しいワン。・・じゃなくて、そもそも腐肉臭を撒き散らすスタペリアの開花株を飲食店の店内に置きますか?谷の人たちが知ったら怖がりますよ。しかし、ほとんど匂っていなかったのも事実・・。ユパ様もびっくりです。



411.jpg
翌日・・・

おやおや・・?ニクバエが遊びに来ましたよ。



うじ虫くらい飯を食いながらでも見れるという方は続きをどうぞ。


続きを読む...
  
コメント(4)園芸 多肉植物
新着アーカイブ
▼Conophytum ursprungianum v. stayneri
(2014/10/28 22:50)
▼Pyllobolus amabilis
(2014/10/21 22:33)
▼花芽!
(2014/10/20 22:59)
▼キリマンジャリクス
(2014/10/19 23:33)
▼夏型という噂
(2014/10/18 00:48)

新着コメント
▼ロゼットビオラその後の後
by チェリーパイ (05/27)
▼八溝山の放射線量
by オーマイガー (05/24)
▼実りの初夏
by チェリーパイ (09/19)
▼実りの初夏
by yana (09/19)
▼実りの初夏
by チェリーパイ (09/18)

2011年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー
昆虫 水生カメムシ類(2)
昆虫 水生甲虫(15)
昆虫 コウチュウ目(4)
昆虫 トンボ目(5)
昆虫 ハチ目(3)
昆虫 カメムシ目(1)
昆虫 ヘビトンボ目(3)
昆虫 アミメカゲロウ目(1)
昆虫 チョウ目(9)
昆虫 ハエ目(2)
昆虫 バッタ目(3)
昆虫 ゴキブリ目(1)
生物 クモ(1)
生物 野鳥(32)
生物 両生・爬虫類(3)
生物 哺乳類(7)
植物 野草(12)
園芸 サボテン(4)
園芸 多肉植物(83)
園芸 球根(19)
園芸 食虫植物(19)
園芸 ブロメリア(14)
園芸 山野草(11)
園芸 その他の植物(17)
園芸 チリの植物 実生(8)
きのこ(38)
雑記(38)

月別アーカイブ
2014年11月(1)
2014年10月(5)
2014年09月(4)
2014年08月(3)
2014年07月(6)
2014年06月(7)
2014年05月(11)
2014年04月(10)
2014年03月(10)
2014年02月(9)
2014年01月(15)
2013年12月(7)
2013年11月(5)
2013年10月(2)
2013年09月(10)
2013年08月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(1)
2013年03月(12)
2013年01月(1)
2012年12月(10)
2012年11月(9)
2012年10月(6)
2012年09月(4)
2012年08月(2)
2012年07月(4)
2012年06月(3)
2012年04月(6)
2012年03月(12)
2011年12月(1)
2011年11月(8)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(8)
2011年07月(7)
2011年06月(14)
2011年05月(5)
2011年04月(7)
2011年03月(4)
2011年02月(2)
2011年01月(9)
2010年12月(5)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(7)
2010年07月(8)
2010年06月(6)
2010年05月(9)
2010年04月(3)
2010年03月(6)
2010年02月(1)
2010年01月(9)
2009年12月(4)
2009年11月(4)
2009年10月(14)

ブログ内検索