もうすぐ師走・・

アザミの仲間?に止まるヒラタアブの仲間??

お仕事で青い森まで行ってきます。ひょっとして偽紋黄豆源五郎のチャンス!・・かな?

  
コメント(4)雑記
晩秋のナガサキ
489.jpg


「カボスに変な虫がいる!」というので見に行ってみると、ナガサキアゲハの幼虫が付いていました。見るからに寒そうです。
  
コメント(0)昆虫 チョウ目
リトープスだらけ


どっさり届いたリトープスに猫の額が埋め尽くされております。来年の今頃は、棚がガラガラになっていないか心配ですが・・。字が汚いというのは置いといて、名前の下の「C・・・」という番号はコール・ナンバーといって、リトープス研究の第一人者であるD.T.Cole教授がそれぞれ産地ごとに振り分けた整理番号のようなものです。産地情報を暗号化して公開するというのは、乱獲される恐れのある生物のラベルのあり方として考えさせられるものがあります。

  
コメント(5)園芸 多肉植物
すてれおぐらむ
mk PHOTOSのKさんに怪しいレンズの付いたカメラを貸していただいたので試しに何枚か撮影してみたのですが・・・。

485.jpg
伸び伸びになったツメレンゲ

なんか壊れてるみたいで、像が全部二重に写ってしまいます・・。


484.jpg
ごろごろになった牛ニャンコ

幸せになりたい方は、より目がちでご覧アレ。
交差法の見方はウィキペディ〜アで→立体視の見かた

  
コメント(2)雑記
ヒメケシとアラメケシ
福島県産のヒメケシゲンゴロウを入手する機会を得たので、青森県産のアラメケシゲンゴロウ(と、していたもの)と比較してみました。貴重なヒメケシの産地は海獣さんとYさんに案内していただきました。ありがとうございました。

480.jpg
ヒメケシ・アラメケシ交互に見てー

左が福島県産ヒメケシ、右が青森県産アラメケシです。アラメケシゲンゴロウという立派な和名が付いていますが、両種は単に亜種関係にあります。個人的には「ヒメケシゲンゴロウ青森・北海道亜種」とかでいいような気もしますが・・。


481.jpg
ヒメケシ・アラメケシ交互に見てー

右のアラメケシは真っ黒でいかにも違って見えますが、黒色部の大きさにはかなり変異があって、左のヒメケシ程度にしか黒色部が発達していない個体も普通に見られます。ただ、黒色部の大きさにかかわらず、青森県産の個体のほうが点刻が強く密に見えました。


482.jpg
ヒメケシ・アラメケシ交互に見てー

ヒメケシの雄交尾器。


483.jpg
ヒメケシ・アラメケシ交互に見てー

アラメケシの雄交尾器。

うーん・・・微妙な差です。


  
コメント(4)昆虫 水生甲虫
ビカクシダ
丈夫で入門用によいと言われていたPlatycerium bifurcatumを買いました。

476.jpg
着生モノは初めてです。わくわく。

ヘゴ板にミズゴケを盛って、ビフルカツムをビニールテープでぐるぐるに固定しました。生長すれば、貯水葉がミズゴケを覆って綺麗な半円形に出来上がる予定です。

  
コメント(2)園芸 その他の植物
神奈川県立 生命の星・地球博物館 2011特別展
海獣さんに誘われて、神奈川県立 生命の星・地球博物館で開催されていた 「およげ!ゲンゴロウくん〜水辺に生きる虫たち〜」を見に行ってきました。

469.jpg
噂どおりもの凄いボリュームです。


470.jpg
い、生きたフチトリゲン!!

画像が悪くてすみません。こんなのを目の前にしては写真なんて三の次に・・・なりますよね?致し方ないことなのです。


471.jpg
わお!与那国のメンダー!


475.jpg
すご!沖縄島のタイワンコオイ!


472.jpg
えぇ!?杉並区にエゾヒメゲンが!?



479.jpg
スジゲンも半世紀前には都内の池に・・。今やゲンゴロウ界のニホンカワウソ的存在です。


473.jpg
王様だけあってさすがの貫禄です。

でも、意外と日本のナミゲンもこれに近いサイズ。ゲンゴロウって世界的に見てもでかいんですね。


478.jpg
内外で絶賛の展示解説書

そして今回の目的の一つ。展示解説書「水生昆虫大百科」147ページ、フルカラー(1000円←!?)。これほどのボリューム&マニアックな内容の展示解説書ははじめて見ました。この解説書で初めて生態写真がお披露目されたであろう種類もかなりあるのではないでしょうか。お土産用に多めに買ったはずなのに、ゲンゴロウ屋さんじゃないけど欲しいという方が沢山いて、嬉しくなってホイホイあげていったら、気がつくと自分の分がなくなっておりましたorz
そこで急遽無理を言って、しまさんづてに学芸員のKさんに追加をお願いすることに・・。お手数おかけしますm(_ _;)m

  
コメント(6)雑記
アオバアリガタハネカクシに擬態?
アオバアリガタハネカクシにカラーパターンがそっくりなヒメバチ。湿地や抽水植物が繁茂した池などでたまに見かけます。

460.jpg
Auberteterus alternecoloratus ?

ネットで調べたらAuberteterus alternecoloratus なる種ヒットしたのですが、同種かどうか僕には分かりません。


468.jpg
こちらは毒虫として有名なアオバアリガタハネカクシ

やっぱり湿地のようなじめじめした環境で多く見られます。

  
コメント(0)昆虫 ハチ目
新着アーカイブ
▼Conophytum ursprungianum v. stayneri
(2014/10/28 22:50)
▼Pyllobolus amabilis
(2014/10/21 22:33)
▼花芽!
(2014/10/20 22:59)
▼キリマンジャリクス
(2014/10/19 23:33)
▼夏型という噂
(2014/10/18 00:48)

2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリー
昆虫 水生カメムシ類(2)
昆虫 水生甲虫(15)
昆虫 コウチュウ目(4)
昆虫 トンボ目(5)
昆虫 ハチ目(3)
昆虫 カメムシ目(1)
昆虫 ヘビトンボ目(3)
昆虫 アミメカゲロウ目(1)
昆虫 チョウ目(9)
昆虫 ハエ目(2)
昆虫 バッタ目(3)
昆虫 ゴキブリ目(1)
生物 クモ(1)
生物 野鳥(32)
生物 両生・爬虫類(3)
生物 哺乳類(7)
植物 野草(12)
園芸 サボテン(4)
園芸 多肉植物(83)
園芸 球根(19)
園芸 食虫植物(19)
園芸 ブロメリア(14)
園芸 山野草(11)
園芸 その他の植物(17)
園芸 チリの植物 実生(8)
きのこ(38)
雑記(37)

月別アーカイブ
2014年11月(1)
2014年10月(5)
2014年09月(4)
2014年08月(3)
2014年07月(6)
2014年06月(7)
2014年05月(11)
2014年04月(10)
2014年03月(10)
2014年02月(9)
2014年01月(15)
2013年12月(7)
2013年11月(5)
2013年10月(2)
2013年09月(10)
2013年08月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(1)
2013年03月(12)
2013年01月(1)
2012年12月(10)
2012年11月(9)
2012年10月(5)
2012年09月(4)
2012年08月(2)
2012年07月(4)
2012年06月(3)
2012年04月(6)
2012年03月(12)
2011年12月(1)
2011年11月(8)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(8)
2011年07月(7)
2011年06月(14)
2011年05月(5)
2011年04月(7)
2011年03月(4)
2011年02月(2)
2011年01月(9)
2010年12月(5)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(7)
2010年07月(8)
2010年06月(6)
2010年05月(9)
2010年04月(3)
2010年03月(6)
2010年02月(1)
2010年01月(9)
2009年12月(4)
2009年11月(4)
2009年10月(14)

ブログ内検索