Drosera occidentalis var. microscapa

ロゼットの直径が1cm程の極小種。


オーストラリア南西部に産するピグミードロセラの一種。この手のドロセラは、冬期にムカゴを作って繁殖するというワザを身に付けています。株の中心に見えている、鱗片のような一粒一粒がムカゴです。花が咲かなくても増やせるのはいいですね。


626.jpg
スケールの上にムカゴを乗せて撮ってみました。縦溝の間隔は1ミリです。

ムカゴは、濡らした爪楊枝の先で撫でると簡単に採ることが出来ます。ただ、あまりにも小さいので実体顕微鏡で覗きながら作業しました。

  
コメント(6)園芸 食虫植物
フエゴが咲いてる・・
623.jpg
Tillandsia ionantha ‘Fuego’ 

「今月の28〜29日頃に咲くんじゃないかと予想してます(`・ω・´)キリッ」
とかなんとか言ってる人が居ましたが、早々と24日に咲いてしまいました。

  
コメント(2)園芸 ブロメリア
Ornithogalum unifoliatum


オルニソガルム・ユニフォリアツム。種小名の通り、球根から1枚(というか一本?)だけ葉っぱを伸ばすユリ科の植物です。今年も1枚だけ・・ということで、分球しなかったようです・・。葉っぱを輪切りにしたことはありませんが、恐らくネギのように空洞になっているんじゃないかと思います。5cmほど伸びてくると、徐々に葉っぱが倒れてくるんですが、くたびれたように見えるのがちょっと残念です。

  
コメント(4)園芸 多肉植物
菊頭
2009年に偶然見つけた坑道跡?に、3年ぶりに行って見ました。

619.jpg
ゴゴゴゴゴ・・・

あった!入り口も薄気味悪さも健在です。


620.jpg
入り口から中をパチリ。

もしかすると、震災の影響で崩れているかも知れないと思っていたのですが、2009年に来た時とほとんど変わっていないように見えます。入り口付近の水たまりは、水深15センチほど。少数のボウフラが体をくねらせていました。


621.jpg
キクガシラコウモリ 体には水滴がびっしり付着しています。

入り口から10m程のところで早くもコウモリ発見!キクガシラコウモリのようです。大きさは大人の握りこぶしくらい。翼で体をすっぽり覆って寝ていました。


622.jpg
奥には違う種類も居そうなんですが・・・。

残念ながら水たまりが深くなり、これ以上は長靴ではいけませんでした。胴長は車に積んでありましたが、危険そうなのでこれ以上は断念しました。今度は誰かと一緒に来よう・・。

  
コメント(2)生物 哺乳類
Tillandsia ionantha ‘Fuego’
615.jpg

フエゴが急に赤く色づいてまいりました。


614.jpg

どこまで赤くなるか楽しみです。花も咲くかな?

  
コメント(2)園芸 ブロメリア
今年のコノフィツムは軒並み作落ちです・・
618.jpg
Conophytum marginatum var. haramoepense
 


久しぶりに多肉ネタです。リトープスは概ね調子がいいのですが、コノフィツムは休眠明けの後にいくつも枯らしてしまいました・・。遮光には気をつけていたつもりだったのですが、画像haramoepenseも日焼けと思われるしみがポツポツ見えます。休眠明けに何度も真夏日があったので、通風が不十分で温度が上がりすぎてしまったのかも・・・。中でもショックだったのは、お気に入りのウィッテベルゲンセが枯れてしまったこと。コノでミチミチになった鉢を拝める日は、はたしてやって来るのでしょうか・・orz

  
コメント(2)園芸 多肉植物
茶色いスズメバチ
609.jpg
下はオオスズメバチ、上は・・・・?

尾根線を歩いていると、ミズナラの根元付近をスズメバチが何頭も飛び回っているのが見えました。ハチの巣があるのかもしれないと思って近寄ってみると、複数種が混合して飛んでいて、どうやらミズナラの樹液を舐めにきているようです。さらに近寄ってみると、むむむ・・見慣れない変なのが混じっています。


610.jpg
チャイロスズメバチ Vespa dybowskii

樹液には、オオスズメバチ、キイロスズメバチ、モンスズメバチの他に、画像のチャイロスズメバチが来ていました。稀なスズメバチです。チャイロスズメバチの女王は、営巣初期段階のキイロスズメバチやモンスズメバチの巣に侵入して女王を殺し、まるごと巣を乗っ取るという変わった生態を持つことでも知られています。

  
コメント(4)昆虫 ハチ目
なめこ
611.jpg
なめこ〜


612.jpg
なめこ なめこ〜

ナメコです。マイタケとは違い、原木栽培された物も、天然物も、味に大差は無いように思います。仕事中だったため、ツルンと後ろ髪スルー。

  
コメント(2)きのこ
ジャパニーズ・ロビン
富山から茨城に帰ってまいりました。

613.jpg
コマドリ Erithacus akahige

思いがけず山中で出会ったコマドリくん。何気にライファー、どきどきです。あわててコンデジで狙いましたが、撮れたのはボケボケの一枚だけ。でも、目にはしっかり焼き付けてきましたよ。
ちなみに、コマドリErithacus akahige とアカヒゲErithacus komadori の種小名が逆転しているのは有名な話。これは外国の某研究者が両種を取り違えて記載してしまったからで、間違いと分かっていても命名規約上変更することができません。

  
コメント(0)生物 野鳥
新着アーカイブ
▼Conophytum ursprungianum v. stayneri
(2014/10/28 22:50)
▼Pyllobolus amabilis
(2014/10/21 22:33)
▼花芽!
(2014/10/20 22:59)
▼キリマンジャリクス
(2014/10/19 23:33)
▼夏型という噂
(2014/10/18 00:48)

新着コメント
▼実りの初夏
by チェリーパイ (09/19)
▼実りの初夏
by yana (09/19)
▼実りの初夏
by チェリーパイ (09/18)
▼八溝山の放射線量
by 避難放浪民 (09/01)
▼青森県の秋田犬
by ワン!ワ~ァン (03/09)

2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー
昆虫 水生カメムシ類(2)
昆虫 水生甲虫(15)
昆虫 コウチュウ目(4)
昆虫 トンボ目(5)
昆虫 ハチ目(3)
昆虫 カメムシ目(1)
昆虫 ヘビトンボ目(3)
昆虫 アミメカゲロウ目(1)
昆虫 チョウ目(9)
昆虫 ハエ目(2)
昆虫 バッタ目(3)
昆虫 ゴキブリ目(1)
生物 クモ(1)
生物 野鳥(32)
生物 両生・爬虫類(3)
生物 哺乳類(7)
植物 野草(12)
園芸 サボテン(4)
園芸 多肉植物(83)
園芸 球根(19)
園芸 食虫植物(19)
園芸 ブロメリア(14)
園芸 山野草(11)
園芸 その他の植物(17)
園芸 チリの植物 実生(8)
きのこ(38)
雑記(38)

月別アーカイブ
2014年11月(1)
2014年10月(5)
2014年09月(4)
2014年08月(3)
2014年07月(6)
2014年06月(7)
2014年05月(11)
2014年04月(10)
2014年03月(10)
2014年02月(9)
2014年01月(15)
2013年12月(7)
2013年11月(5)
2013年10月(2)
2013年09月(10)
2013年08月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(1)
2013年03月(12)
2013年01月(1)
2012年12月(10)
2012年11月(9)
2012年10月(6)
2012年09月(4)
2012年08月(2)
2012年07月(4)
2012年06月(3)
2012年04月(6)
2012年03月(12)
2011年12月(1)
2011年11月(8)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(8)
2011年07月(7)
2011年06月(14)
2011年05月(5)
2011年04月(7)
2011年03月(4)
2011年02月(2)
2011年01月(9)
2010年12月(5)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(7)
2010年07月(8)
2010年06月(6)
2010年05月(9)
2010年04月(3)
2010年03月(6)
2010年02月(1)
2010年01月(9)
2009年12月(4)
2009年11月(4)
2009年10月(14)

ブログ内検索