「ロゼットビオラ」カテゴリーアーカイブ

Rosette Viola その3

150506ros1Viola sp. #1551

4月末頃まで直射に当てていたのですが、最高気温が連日25℃を超えるなど危険な感じになってきたので、現在は50%遮光しています。

 

150506ros2_1Viola cotyledon

スプリング・エフェメラルが活動する3月末~4月中旬くらいの気候がロゼットビオラたちの生長にもあっていたようで、この時期にグイグイ生長しました。

 

150506ros2_2

・・・ただ、4月末にやってきた季節外れの夏日によって生長にブレーキがかかったみたいです。後ろのラベルにもたれかかっている個体は、その時に耐え切れずお亡くなりになりました・・orz

 

150506ros3_1Viola rosulata

一方、ロスラータはかなり理想形に近づきつつあります。

 

150506ros3_2

遅くとも梅雨前までには冷やし始めた方がいい気がするんですが、かといって折角のロゼットが徒長して崩れるのも嫌だし・・・ジレンマです。

ポリポダが咲きました

150503pol2Viola polypoda

チリ産のスミレ、ビオラ・ポリポダが咲き始めました。

 

150503pol1

花は黄色ですが、ちっちゃいのであまり目立ちません。
ちなみに1年草です。

 

150503pol3

しかし、うちのポリポダはチリフロラの参考画像ほど毛が顕著じゃないんです・・。せめて、もうちょっとワサワサにしてポリポダっぽさを醸し出したいところなんですが、すでにちょっと暑がり始めているような・・。

Rosette Viola その2

前回の投稿から約4か月・・なんとか生き残ったロゼットビオラたちのその後です。

150326ros1Viola cotyledon

鳴かず飛ばずのコチレドン。ほとんど生長してないし、とりあえず枯れてはいない・・という悲惨な状況です。このままジリ貧になって消えていきそうな気もしますが、最近少しづつ動き始めたのがわずかな希望です・・。

 

150326ros2Viola sp. #1551

生長は遅いですが、じりじりとロゼットを形成しつつある#1551。3月に入ってから勢いづいてきたような気もするんですが、なんせ1株しかないので毎日ドキドキです。

 

150326ros3Viola rosulata

ロスラータは、ついに半球状のロゼットを形成するまでになりました(原産地ではべちゃっと扁平に育つわけですが・・)。肥料も植え替えも怖くてできずにいますが、ここまで来たらなんとか咲いてほしいです。

残念ながら、ビオラ・リトラリスは枯らしてしまいました。リトラリスだけ耐寒性が0℃までということをすっかり忘れていて、ほかのロゼットビオラと同じ管理で凍結させるという凡ミスですorz

Rosette Viola

141116ros02Viola litoralis

旧ブログの方にリクエストがあったので、実生したロゼットビオラのその後の様子を載せてみます。遮光していた夏の間に間延びしてしまって、残念ながらご覧のありさまです。きれいなロゼットなど夢のまた夢・・。今は5時間ほど直射が当たっているので、これから春にかけて期待することにします。ただ、リトラリスって一年草だったような・・・。

 

141116ros03 Viola rosulata

理想形には程遠いものの、一番ロゼットな感じを醸し出しているロスラータです。君には期待しているのだよ・・。

 

141116ros04 Viola sp. #1551

弱弱しいのが気がかりですが、徒長している風でもない#1551。ここから勢いがついて来れば化けるかもしれないと期待しています。

 

141116ros05 Viola cotyledon

もやしになったコチレドン。これだと開花は厳しそうですね・・。コチレドンとリトラリスには、薄めの肥料を試してみようと思っています。うーん・・・怖いなぁ・・。

 

141116ros01貧弱!貧弱ゥ!

並べるとこんな感じです。サイズを比較するために一円玉を置いてみました。

 

141116ros06

これが最後の報告にならないといいのですが・・。