「ラン」カテゴリーアーカイブ

温室のトカゲ

151211kanaニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides

うちの温室には何匹もカナヘビが棲み付いているんですが、植物に悪さをしないどころか、害虫を食べてくれる頼もしいボディガード兼マスコットになっています。ハオルチア(雪景色)の鉢でポーズが決まったところを記念撮影。

 

151205gri1温室では、こちらのトカゲも順調に育ってくれています。

 

151205gri2Zootrophion griffin

ズートロフィオン・グリフィン。エクアドル原産の小型のランで、トカゲの頭みたいなユニークな花が魅力です。

 

151205gri3Zootrophion griffin

今年は沢山咲いてくれました^^
ちなみに、眼(のように見える穴)が開いた状態が開花です。

サンシャインシティらん展2015

150111sun1

というわけで、五反田から池袋へ。
okaさんはすでに初日に行ったそうなんですが、僕が行こうか悩んでいる(風のオーラを出してプレッシャーをかける)のを見かねて、「また行ってもいいですよ。」と言ってくださいました。なんと頼もしい!

※らん展の記事ですが、華やかなランの画像は出てきませんw

 

150111sun2

らん展とはいっても、お目当ては山野草と食虫がメインだったわけなのですが、みちのく洋ラン園さんの前を通りがかった時に「食虫だけじゃなくてランも見てってよ!」と呼び止められびっくりしました。聞けば、ランをやってる人とは目が違うからすぐわかるとのこと。言われてみれば確かに、花を見ずに変わった草姿の植物ばかり探してました。そこで「こんなのはどうだ?」と見せてもらったのが、画像のコルク付けのちっさいデンドロビウムたちです。なぜか初対面の僕のツボを的確についてくる素晴らしいセレクション。ちっさいデンドロシリーズはヘンテコなものが多いし、集め甲斐があって面白そうです。なんですけど、買いませんでしたw
ごめんなさい。育て方も何もわからなかったもので・・勉強して出直してきますm(_ _;)m

 

150111sun3

山野草を売ってる「やまくさ」さんのブース。ディサやテリミトラなどの地生ランのほかに、珍しい山野草や球根が色々置いてありました。じっくり見ていったらここだけで終わってしまいそうだったので、後ろ髪をひかれつつ次のブースへ移動しました。

 

150111sun4

食虫植物を販売している 大谷園芸さんのブース。ムシトリスミレが花盛りでした。ドロセラ・スコルピオイデスのむかごを探したんですが、売り切れてたみたいです。

 

150111sun6

ロゼットが一際可愛いエーレルサエ。メキシカンピンギは多肉に通ずるものがあるし、もっと人気が出てもいいと思うんですが・・。

 

150111sun8

サラセニア各種。okaさんが得意としている分野なので、色々教えていただきました。

 

150111sun7

僕好みの変わったランを扱っていた奥田園芸さんのブース。画像は、メス蜂に擬態した花をつけるオフリス属の面々。 いつかは手を出してみたい種類ですが、やはり難物が多いようです。自生地によって休眠管理の方法が違ったり、肥培するにも肥料をあげるタイミングがあったりと、栽培にはいろいろコツがいるそうです。

 

150111sun5

すっごく綺麗なドッシニア・マルモラータも置いてありました。しかしでかい!一目ぼれ級の衝撃です。まだまだ展示やブースを回り切れていませんでしたが、イベント終了時刻になってしまいました。

自分があまり知らない分野っていうのは刺激が多くていいですね!すっかり元気を取り戻し、意気揚々と帰路に着いたのでした。今回、okaさんが居なければラン展へは行かなかったかもしれません。楽しかったです。ありがとうございました。