「ラペイロージア」カテゴリーアーカイブ

大失敗からの・・・

160122oreLapeirousia oreogena

本末転倒。

屋外管理組は1か月程開花が先になりそうとか書いた矢先、屋外管理のオレオゲナに明日にも咲きそうな蕾が上がってきているのを見つけてしまいました・・・。温室に入れて開花時期云々とか、あんまり関係ありませんでした・・・orz

 

160122lap

こちらは2014年9月に播種したラペイロージアたちです。夏季に一度休眠を経験しています。一番左の列がシレノイデス。左から2番目がヤクイニー。右3列がオレオゲナです。実生1年半で、シレノイデス1株、ヤクイニーに至っては6~7株が開花しそうです。たくさん蒔いたオレオゲナは、発芽率も他2種より低く、開花も来年以降になりそうです。

 

160122getGethyllis verticillata

こちらは昨年採りまきしたゲチリス・ヴェルティシラータ。特徴的な葉鞘はまだ見えてきませんが、発芽後の経過は良好で、ミミズごとく地表をのたくっています。

大失敗・・

160121oreLapeirousia oreogena

オレオゲナが咲きました。花が早く見たいからと、一鉢だけ温室に入れて管理していたものです。ただ、花は早く咲きましたが不注意で葉先を枯らしてしまいました。原因は、たぶん水切れさせてしまったせいです。屋外管理組と違って、凍結の心配がないからと完全に油断していたんですが、そもそも水やりの基準にしていた無加温組とは乾燥するスピードが全然違ったという残念なオチですね・・・(- -;

屋外管理しているラペイロージア達が咲きはじめるのは、まだ1月くらい先になりそうです。ちなみに、そちらは夜だけシートを被せて凍結保護をしています。

小球根の植え替え

150926ore

1月ほど前に小球根たちの植え替えを行ったのですが、記事に書きそびれたままになっていました。とりあえず、9月26日・・備忘録。

 

150926ue1

縁の下に押し込んでおいたトレイを庭に引っ張り出したところです。それほど量が多いというわけではありませんが、一度にやるとなると結構大変です。

 

150926ue2

植え替えに使った用土はこんな感じです。左から、赤玉土細粒、矢作砂、バーク堆肥、パミス細粒、桐生砂細粒、日向土中粒(鉢底用)、日向土細粒。手前の小袋は、ミリオンシリカ(根腐れ防止用)と、バイオゴールド(元肥)です。あと、画像に映っていませんが防虫剤としてオルトランを混ぜてあります。用土の選定は当日の気分で決めましたw

 

150926silLapeirousia silenoides

球根が増えていると、やっぱり嬉しくなりますね^^

 

150926monLapeirousia montana

2013年実生のラペイロージア・モンタナ。今年は花が見られるんじゃないかと期待しています。ラベルに書かれているのは、実生時の用土の配合です。今回使った用土とは違いますが、特に深い理由はありません。

 

150926azuLapeirousia azurea

アズレアは、他のラペイロージアたちとは球根の形がちょっと異なっていました。

 

150926ferFerraria crispa?

フェラリアの何か。たしかクリスパだったような・・?ラベルを一緒に撮らなかったので分からなくなりました^^;

 

150926bcri2Babiana crispa

半球状や円盤状の球根はあまり深く潜りませんが、こいつは鉢の一番底まで潜っていました。球根の上の方の茎が微妙に太くなっていますが、中には小さい球根が入っていました。

 

150926bcriBabiana crispa

こんな感じです。分球にもいろいろなタイプがあるんですね~。

 

150926tcriTritonia cripsa

トリトニア・クリスパ。・・・クリスパ多し。

 

150926linGethyllis linearis

リネアリスは、今年花が咲きましたが結局結実はしなかったようです。すでに根が動き始めていますね・・。

 

150926zepZephyra compacta

こちらは南アフリカではなく、チリ産の小球根です。2014年1月実生。

 

150927ue

その他、モラエアやラケナリアなどなど。最初は全種の写真を撮るつもりだったのですが、余裕がなくなって早々に挫折しました。