「アドロミスクス」カテゴリーアーカイブ

あけましておめでとうございます

161231lo球ドロ

あけましておめでとうございます

そしてごめんなさい。まだ年賀状書いてません。

 

161231bry大震災を一緒に乗り越えた我が家のご神木

今年はリミッター解除して、園芸に傾倒していくつもりです。

 

161213bwblack & white

急接近する人も、急速離脱していく人もいるかも・・。

いや・・やっぱり、結局あまり変わらない気もしてきました(-ω-;)

 

161222himeNepa hoffmanni

昆虫もやりたい。けど、時間が足りません。

今年もよろしくお願いいたします。

レッドボール

160914red1Adromischus marianiae var. herrei ‘Redball’

アドロミスクスの’レッドボール’。多分’レッドドリアン’と呼ばれているものと同じだと思います。一年を通して完全に休眠することはありませんが、どちらかといえば冬型種なので、今は生長も緩慢で調子もそれほど上がっていません。

 

160914red2

でも、花はそんな半分寝てるような時期に咲かせるんですよね・・。小さく地味ですが、蜜の量は結構多いです。そんで、ベトベトになってよくカビてます^^;

 

160914red3ゴツゴツした葉っぱが魅力です

アドロは、水を掛けただけで葉っぱが落ちるような種類もありますが、こいつは引っ張ってもそう簡単には取れません。その点は扱いやすいというか、気が楽ですねー。葉挿しで増やせるので、沢山増やしたいところなんですが、生長が遅くて思うように増えてくれません・・。

おんしつは遮光ネットを装備した

160504evj2アドロミスクスがいい色になってきました。

今日は、遮光ネットを張ったり、妻面上部に換気窓を開けたりと、ビニールハウスを夏仕様に衣替え。日増しに強くなる日差しに急き立てられるように作業を行いました。

 

160504evj1Adromischus sp. EVJ7661

今年の夏は暑くなる見込みらしいですねぇ・・ε=(;´ω` A フゥ

Adromischus trigynus

150422torAdromischus trigynus

アドロミスクス・トリギヌス。毒々しいまだら模様がステキです。丈夫で栽培は容易なんですが、ガッツリ日に当ててないと綺麗に発色せずに寝ぼけた色になってしまいます。アドロ全般にいえることですが、とても葉が取れやすいため基本的にはおさわり厳禁。