ちょっと凍りました

161213unb1Classula umbella ‘wine cup’

寒気に当たって、生長中の葉っぱが傷んでしまったワインカップ。このクラッスラはいきなり大きな葉っぱが出てくる訳ではありません。小さいチドメグサみたいな葉っぱが出た後、それがじわじわと巨大化していくという変な育ち方をします。なので、この初期傷みは後々に姿にもかなり影響してきそうな感じがします・・(-_-;

レベルアップ!

161213ver1Gethyllis verticillata

年を追うごとに、袴の太さや色がレベルアップしています。作上がりするとテンション上がるし、育て甲斐もありますね。昨年も美しいと思ったけど、見比べると全然違います!

 

161213ver2

昨年実生したものも芽が出てきました。袴が見えず面白くないですが、地下には細長い球根が育ってます。

 

161213ver3

今年も採種できたので採り蒔きしました。白いのはカビではなくて、種子の周りに付着しているベトベトの粘液が乾いたもの。土に張り付くので浮き上がらずとってもいい感じ!自分の根っこでセルフバックドロップきめているハオルチアも見習ってほしいです。

実生のシンニンギア

161213danSinningia leucotricha 断崖の女王

自家結実した種を9月に蒔いたら、ごっそり発芽しました。ハオルチアにもこの生長速度が欲しい!まだ銀葉とまではいきませんが、白い微毛がうっすらと生えています。

 

161213floSinningia bullata ‘Florianopolis’

ブルアータは、あまり種がとれなかったんですが、一応ダメもとで9月にまいたら数本発芽しました。横から見ると、すでにちっちゃなイモができ始めているのが分かります^^

しかし、ここ数日でアクセス数が急に増えてるんですけど一体何事なんでしょう?

多肉に厳しく自分に甘く

161212tolTrachyandra tortilis

とにかく、ウネウネが魅力的な種です。逆に言えば、うねってないと曲がった水仙みたいでちっとも面白くありません。去年はウェーブが弱かったので微妙な感じでした・・。

今年も、芽出しの頃はそんなにウェーブが強くなかったんですが、野外で直射日光と寒さに当てて育てているうちに、うねりがどんどん強くなってきました。夜はビニールと毛布(ビニールだけだと放射冷却で凍ります)で霜よけ、寒さ避けしてます。

南アの球根類とコノフィツムは軒下に置いてあるんですが、上記の二重保護で、先日氷点下4度くらいまで下がった時も問題ありませんでした。ただ、クラッスラのワインカップだけは11月の降雪の後に少し凍って傷みが出てしまいましたので(吹きさらしでしたが・・)温室に避難させています。