白砂とサリナ

151119sal1Drosera salina

豪州産の球根ドロセラたちが目覚め始めています。画像のサリナは昨年の冬に球根を入手した新参者。地上部を見るのは初めてです。

 

151119sal2_1人差し指の先と比べるとこんな感じ。

想像以上の小ささです。

 

151119sal3

用土は、熱帯魚屋で売ってる「オーストラリアの白い砂」なるものを使って自生地ぶってみました。意外と雰囲気出てますw

「白砂とサリナ」への2件のフィードバック

  1. ち、小さいですね・・・
    これ以上大きくなるんでしょうか?
    オーストラリアのパースを思い出しますねぇ

    1. Pegさん鋭い・・サリナの産地はパースの南東300キロくらいですね。

      検索すると原産地の個体を手に乗せてる画像とかもヒットするんですが、サイズは大体こんなものみたいです。上にはもう少し伸びると思いますが・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。