Eriospermum

151202parEriospermum paradoxum

エリオスペルマム・パラドクサムの葉が伸びてきました。昨年と比べると葉数も増えているので、一応順調に生長しているようです。

 

151202par2Eriospermum paradoxum

 

151202cfparEriospermum cf.  paradoxum

一方こちらは、Eriospermum cf.  paradoxumという名前で入手したものですが、恐らくE. paradoxum(Green form)と呼ばれているのと同じものだと思います。

 

151202cfpar2Eriospermum cf.  paradoxum

普通のパラドクサムとはだいぶ雰囲気が違いますね。

 

151202par3並べるとこんな感じです。

 

151202proEriospermum  proliferum

こちらは、この前のビッグバザールで買ってきたプロリフェルム。飛び込みの松が間違って芽を出したわけではありません。

 

151202pro2Eriospermum  proliferum

松葉状のものは付属器です。拡大すると、根元にある小さな葉から放射状に伸びているのが分かります。

ところで、Eriospermum  dregeiが昨年からまったく起きる気配がないんですが、何か目を覚ます条件があるんでしょうかね?ほかのエリオと一緒に軒下に置いてあるんですが・・温室に入れてみようかなぁ・・???

「Eriospermum」への2件のフィードバック

  1. 小さな森のようで、可愛いですねえ~
    突起物が無数に出ているのをよく見ないと分からない
    物もあるんですね。勉強になります。
    6日にF川さんに聞いてみると良いかもしれませんね。

    1. 今までも何人かの方に聞いては見たんですが、大同小異「気まぐれなところがあるから・・。」的な回答でした^^;
      そういえば、ラペイロージア・シレノイデスなんかも、複数個体栽培していると、まったく同じ管理をしているのに必ず目覚めないやつ(枯れたわけでは無い)が一定割合いるんですよね・・・。もしかしたら、目覚めないという選択は、厳しい環境で生き残るための生存戦略の一つなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。