木の皮が動いた

160124kinoキノカワガ Blenina senex

ケヤキの樹皮が突然横に動いたと思ったら、正体は越冬中のキノカワガでした。気づかずにあまりにも近寄りすぎたため、こらえきれなくなって逃げ出したみたいです^^;

他にもいないかケヤキをぐるりと周ってみると、目線よりやや高いところに仲良く2頭並んで止まっているのが見つかりました。体長は2cm程と小さくないのに、意識しないと見つけられません。天敵を欺く見事な擬態です。

「木の皮が動いた」への2件のフィードバック

  1. 本当に見事な擬態ですね。
    まだまだ、寒いので張るが待ち遠しいのは
    皆一緒ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。