近所の春モノ詰め合わせ

150421tumツマキチョウ Anthocharis scolymus

ツマキチョウの♂。春の短い間だけ成虫が出現するスプリング・エフェメラルです。翅の端が黄色いから端黄。メスの端は白いんですけどね・・。普通種ですが、発生時期が短いことや、飛翔中は一見モンシロチョウやスジグロシロチョウのようにも見えるので、存在を知っていないと見逃してしまうかもしれません。

 

150425hukaオオカマキリ Tenodera aridifolia

林縁で絶賛孵化中のオオカマキリを見つけました。誕生バンジーとはなかなかやりますな。

 

150427ebi1エビネ Calanthe discolor

木漏れ日の中に咲いていたエビネ。うちの近所では稀な植物で、キンランやギンランはよく見かけるんですが、エビネはなかなか出会いません。咲き始めのいい時期に見つけられてラッキーでした。

 

150418morアミガサタケ

桜の花が散り始める頃に、桜やイチョウの木の周りに発生します。撮影は4月18日。スマホで撮ったのでちょっと画質が荒いです・・。近似種がいくつかありますが、これは普通のアミガサタケだと思います。こんな見た目ですが、食べられるキノコで、ヨーロッパではモリーユなどと呼ばれる高級食材らしいです。

「近所の春モノ詰め合わせ」への6件のフィードバック

    1. ここ数日は、春というより初夏の陽気ですね。
      あっという間に季節が移り変わっていきます。

  1. 先日はコメントありがとうございました^^
    素敵な写真の数々、興味深く拝見しました。

    身近なところでも目を凝らせば自然を感じられるんですよね。
    幼いころはもっと自然にそれが出来ていたような気がします。

    1. こちらこそ、コメントありがとうございます。
      身近な自然もなかなか素晴らしいものですね。僕はいい年をして、足元の石をひっくり返しては逃げ惑うアリを眺めたりしています^^;;;

    1. そういうのがあまりにも普通になってきますと、一般の方との会話が次第に成立しなくなってきますのでどうぞご注意くださいw
      僕はちょっともう、だめかもしれません・・(_ _|||)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。