「コノフィツム」カテゴリーアーカイブ

コノフィツムたちの近況 その3

141105hana1花笠美人

花が美しいタビ型の交配種です。

141105hana2真ん中が白く抜けるところが可愛らしい^^

 

151111steConophytum stephanii

ステファニーも咲き始めました。夜咲種で花は地味ですが、かすかに香りがあります。

 

141105gloConophytum globosum (Flat form) Dikdoring

デーンとした姿のFlat form。

 

151111tetConophytum angelicae tetragonum

キューブ型のテトラゴヌム。

 

141105harConophytum marginatum var. haramoepense

小トトロみたいなハラモエペンセ。4年前は2頭でしたが、賑やかになってきました。

 

151111fulConophytum fulleri SH667 Pofadder

フーレリは逆に賑やかになりすぎたので、今年はいくつかにバラして植え替えました。

 

151110luc1挿してあるのはConophytum luckhoffiiです。

ところで、コノフィツムは挿し木で増やすのが一般的(分頭し難いものは実生)なんですが、他の多肉みたいに転がしておくだけではダメで、湿った土に挿しておかないと発根してくれません。いろいろ試してみたんですが、一番失敗が少なかったのはバーミキュライトでした。水分調節などを上手く行える方は、最初から栽培用の用土に挿してもいいと思いますが、僕がそれをやると失敗することが多かったです・・^^;

 

151110luc2こんな感じで発根したら、通常の用土に植え変えます。

清潔で水持ちがよく、赤玉土などよりも軽くて柔らかいため、植え替える際に根を痛める心配が少ないのも使いやすい点です。

受難のブルゲリ

昨年、ヒヨドリに突かれて瀕死の重傷を負ったブルゲリ。その後順調に回復して今年の秋に綺麗な姿で脱皮したのですが・・・。

150906bru19月6日

脱皮直後にナメクジにガッツリ齧られてしまいました。ちなみにそのナメクジは、コノフィツムのヒリー、エルンスティ、ウィッテベルゲンセ、バンヒルディ等を齧りつつ移動し、クリプタンサス・ラセルダエ’メネスカル’のトリコームを削り取って、ドルステニア・エレンベッキアナ(初開花のハズだった)の蕾を食っているところで御用となりました。卒倒しそうなくらいの被害です(TT)

 

151009bru210月9日

当初は枯れるかもしれないと覚悟しましたが、幸い傷から腐りが入ることはなく、10月に入ると蕾まで上がってきました。

 

151017bru310月17日

何かと受難の多いブルゲリですが、来年こそは綺麗なまま生長させてあげたいなぁ。

コノフィツムたちの近況 その2

151009pe_ruConophytum pellucidum var.neohallii ’Rubrum’

今日はペルシダム系を中心に。ルブラムもだんだんと良い色になってきたような気がします。とりあえず昨年よりは赤くなったような?

 

150921pel_pulConophytum pellucidum var.neohallii ’Makin’s Plum’

メイキンズ・プラムは、日に当たっていようがいなかろうが、終始この色なのが凄いところ。もともとクロロフィルが少ないんでしょうかね?そのせいかどうか分かりませんが、ほかのペルシダム達とくらべるとやや気難しい気がします。残念ながら、満開時の花は撮りそびれてしまいました・・。

 

150921pel_nomConophytum pellucidum

こちらはノーマルなペルシダム。2~3年後くらいには、なんとか鉢いっぱいの群生にしたいです。

 

150921pel_conConophytum pellucidum (Concordia)

こちらは、窓がやたらキモくなるタイプですw
コンコルディア産ということで入手しました。

 

150921horMuiria hortenseae (宝輝玉)

コノフィツムではありませんが、ホルテンセも水を吸ってムチムチになっています。モケモケ具合がかわいらしい*^^*

置き場所の関係から、これらはどれも遮光率50%です。本当は25%くらいの方がいいかもしれませんが、何となく大丈夫そうなのでそのままにしています^^;

コノフィツムたちの近況 その1

151009witConophytum minimum ‘wittebergense’

太線タイプのウィッテベルゲンセ。青みがかった肌にコントラストのある太線模様が素晴らしいお気に入りの個体です。まだあまり発色していませんが、腰の部分が赤く染まります。頭数は去年の倍になりました^^

 

150921wit_1Conophytum minimum ‘wittebergense’

早起きした唐草紋タイプの方は、だいぶ色がのってきました。細線で腰が赤紫色に強く染まるタイプで、うちのウィッテの中では一番の美人さん。

 

151009surConophytum ectypum sulcatum

ごつごつした姿が個性的なスルカツム。去年、開花後の株を入手したもので、花を見るのはこれが初めて。ピンク色の花がかわいらしいです。

 

151009steConophytum stephanii

去年23頭だったステファニーは、ざっと数えて35~36頭に増えていました。まだまだ2.5号鉢で余裕があります。