「ゲチリス」カテゴリーアーカイブ

ゲチリスの果実

151101verGethyllis verticillata

ゲチリスの鉢から細長い果実が伸びてきました。といっても、前回開花(してた)記事を載せたリネアリスではなく、ゲチリス・ヴェルティシラータです。

不思議なことに、本種の開花を見た記憶がなく、果実がいきなりにゅにゅっと伸びてきたときはキツネにつままれたような気分でした。恐らくリネアリスより以前に開花し、縁の下で人知れず受粉・結実していたのでしょう。僕が確認した時には花の痕跡すらありませんでしたが・・。

 

151102ver1引っこ抜いてみました。

根元の方は茎がスカスカになっていて、ちょっと引っ張ったら簡単に千切れました。原産地では酒に漬けるなど食用にも利用されているそうで、言葉では上手く表現できませんが、確かに果実からは甘い独特の香りが漂っています。しかし、ゲチリスの果実酒とは贅沢ですね。

 

151102ver2・・・・・

とりあえず種子をひねり出してみました。全部で19粒。なんでしょう・・妙に笑える絵面です。ゲチリスの種はすぐに発芽し保存がきかないそうなので、そのまま採りまきしました。

小球根の植え替え

150926ore

1月ほど前に小球根たちの植え替えを行ったのですが、記事に書きそびれたままになっていました。とりあえず、9月26日・・備忘録。

 

150926ue1

縁の下に押し込んでおいたトレイを庭に引っ張り出したところです。それほど量が多いというわけではありませんが、一度にやるとなると結構大変です。

 

150926ue2

植え替えに使った用土はこんな感じです。左から、赤玉土細粒、矢作砂、バーク堆肥、パミス細粒、桐生砂細粒、日向土中粒(鉢底用)、日向土細粒。手前の小袋は、ミリオンシリカ(根腐れ防止用)と、バイオゴールド(元肥)です。あと、画像に映っていませんが防虫剤としてオルトランを混ぜてあります。用土の選定は当日の気分で決めましたw

 

150926silLapeirousia silenoides

球根が増えていると、やっぱり嬉しくなりますね^^

 

150926monLapeirousia montana

2013年実生のラペイロージア・モンタナ。今年は花が見られるんじゃないかと期待しています。ラベルに書かれているのは、実生時の用土の配合です。今回使った用土とは違いますが、特に深い理由はありません。

 

150926azuLapeirousia azurea

アズレアは、他のラペイロージアたちとは球根の形がちょっと異なっていました。

 

150926ferFerraria crispa?

フェラリアの何か。たしかクリスパだったような・・?ラベルを一緒に撮らなかったので分からなくなりました^^;

 

150926bcri2Babiana crispa

半球状や円盤状の球根はあまり深く潜りませんが、こいつは鉢の一番底まで潜っていました。球根の上の方の茎が微妙に太くなっていますが、中には小さい球根が入っていました。

 

150926bcriBabiana crispa

こんな感じです。分球にもいろいろなタイプがあるんですね~。

 

150926tcriTritonia cripsa

トリトニア・クリスパ。・・・クリスパ多し。

 

150926linGethyllis linearis

リネアリスは、今年花が咲きましたが結局結実はしなかったようです。すでに根が動き始めていますね・・。

 

150926zepZephyra compacta

こちらは南アフリカではなく、チリ産の小球根です。2014年1月実生。

 

150927ue

その他、モラエアやラケナリアなどなど。最初は全種の写真を撮るつもりだったのですが、余裕がなくなって早々に挫折しました。

終わってた・・

150716linGethyllis linearis

くぅ~・・まさかあのちび苗が咲くとは思っていませんでした・・。

先日、縁の下で休ませている球根たちを何気なく覗いてみたら、暗がりにぼぉっと浮かぶ白い花が見えました。慌てて引っ張り出してみるも、すでにご覧のありさまです。ちょうど今終わったトコ感が出ているのが余計に悔しい・・。

ところでゲチリスって自家結実するんでしょうかね?するとしても、あの暗がりにポリネーターがやってくるかどうかは怪しいものですが、もし結実していれば後から変な実がニョキッと出てくるハズ・・・です。