「ビルベルギア」カテゴリーアーカイブ

スプラッシュ

160115app1Billbergia  ‘Appaloosa’  (‘El Capitan’ × ‘Afterglow’)

一際細かい模様が個性的な交配種。一昨年入手した時はネギみたいにヒョロヒョロでした・・・(^^;

仔株はまるで別人ですけど、生長するにしたがってだんだんと親と同じ飛沫模様が浮き出てきます。まだ未開花。

 

160115app2まるで光っているかのようです

寒くても咲いてます

151221cf1Billbergia ‘Cold Fusion’

この寒い季節に、いくつかのビルベルギアが花を咲かせています。さすがに温室には入れていますけどね。

 

151221cf2常温核融合

ちなみに、コールドフュージョンを和訳すると常温核融合だそうです。常温核融合とは水素が・・えー・・・・・ウィキペディアに書いてあります。

 

151221sanBillbergia sanderiana

サンデリアナも咲いています。優しい桃色の苞が、刺々しい葉と対照的で面白いです。写真は撮ってませんが、7月に咲いたレプトポーダも再び花を咲かせています。季節というより、筒が成熟した順に花を咲かせるんでしょうか???

 

151205mishoおまけ

8月に実生したビルベルギアの子供たちはこんな感じに育ってます。早く色が出てこないかな・・・。

ビルベルギアの交配

150813bra1

気づけば一月ぶりの更新です。

 

150813bra2Billbergia ‘Bravo’

B. ‘Poquito Blanco’ × B. ‘Domingos Martins’ の交配種。ド派手なスポットと小さめの草姿が魅力です。交配して種を採りたかったのですが、時期を逃したため失敗・・・。開花期間が短いので、上手く休日と開花が合わないと難しいです--;

 

150910bmi

こちらは交配に成功したものの実生。ハレルヤ×ドミンゴスhyb.(無名)とレプトポーダ×ドミンゴスhyb.(無名)です。一月前の画像なので、現在はもっとワサワサしています。♂にあえて無名の交配種を使ったのは、自分しか持ってない交配種を作ろうという見え透いた魂胆ですね。ええ。

 

150611billこちらが交配に使った花粉親。

もちろん♂♀逆にした交配も試したのですが、こちらを♀に使った交配にはなぜか失敗してしまいました。

Billbergia leptopoda 2

150705lep1

レプトポーダが咲きました。
株も締まって実にいい形です。トウモロコシとか食べたくなりますね。

 

150705lep2

こういう花色のビルベルギアは、うちでは初めてです。今まで咲いたものは、たしか全部紫系だったような・・。

折角花が咲いたので、一応交配の真似事をしてみました。上手く受粉できてると嬉しいんですが・・。